※本ブログはアフィリエイト広告を利用しています。

剣と猫と魔法の世界

AI作文
この記事は約2分で読めます。

今日の写真はメイクが濃くて顔分からないしモザイクいらないです。

私は死んだ。車に轢かれて、あっという間に命を落とした。死んだら何もないと思っていたけど、違った。私は異世界に転生したのだ。

目が覚めると、私は森の中にいた。身につけているのは緑と赤の服で、手には剣が握られていた。周りを見渡すと、猫のような耳と尾を持つ人々が戦っていた。どうやら私は獣人族の一員になっていたらしい。

「おい、お前! 早く助けてくれ!」
隣にいた猫耳の男が叫んだ。彼は敵の剣士に追い詰められていた。私は reflex で剣を振り回した。すると、不思議なことに、剣が光り輝き、敵を一刀両断した。

「な、なんだ? お前は?」
猫耳の男が驚いた顔で私を見た。私も同じく驚いていた。私は剣術なんて知らないし、魔法なんて使えないはずだった。

「えっと、私は……」
私は自分の名前を言おうとしたが、思い出せなかった。私は自分が誰なのかもわからなくなっていた。

「お前は記憶喪失か? それとも魔法で洗脳されたか?」
猫耳の男が疑わしげに聞いた。

「どちらでもないと思うけど……」
私は正直に答えた。

「まあ、どうでもいい。お前は今から俺の仲間だ。俺はレオンという。この国の王子だ」
レオンと名乗った猫耳の男は得意げに言った。

「王子? じゃあ、この戦争は……」
私は戦場を見回した。赤と青の旗が掲げられていた。どうやらレオンは赤旗側で、青旗側が敵だったらしい。

「そうだ。俺たちは革命軍だ。この国を支配する暴君を倒すために戦っているんだ」
レオンは誇らしげに言った。

「暴君?」

「ああ、この国の王だ。彼は魔法を使って人々を苦しめている。俺は彼の弟だが、反対する者は容赦しない。俺も殺されそうになったから、逃げ出して革命軍を結成したんだ」

「そうなんだ……」

私はレオンの話を聞きながら、自分がどうすべきか考えた。私はこの世界に何の関係もない。でも、レオンは私を仲間だと言ってくれた。彼は私を助けてくれたし、優しそうな人だった。

「じゃあ、私もレオンの仲間になろう。私は……私はキラという名前にしよう」

私は自分に名前をつけた。キラという名前は、光という意味があるらしい。私の剣が光ったから、それにちなんで名付けたのだ。

「キラか。いい名前だ。よろしくな、キラ」
レオンは笑顔で私に手を差し出した。私も笑顔でそれに応えた。

「よろしく、レオン」

私はレオンと手を握り合った。それから、私はレオンと共に戦った。私の剣は魔法の力で敵を倒し、レオンの猫は敵の動きを見破った。私たちは強かった。私たちは仲間だった。

私はこの世界で新しい人生を始めた。剣と猫と魔法の世界で。

イラストにすると濃いメイクが無くなった。

剣と魔法はどこから出てきたんでしょうか?

魔法と鉄扇にしてほしかった。

そして十二単衣は重かった。

このブログで契約している有料サーバーはこちら
こちらもおすすめです。クリックして見てみて下さい。
女装を始めるなら洋服はこちらで、彼女へのプレゼントにもいいですよ。
上質な記事を自動生成したいなら。文才のない私には欠かせません。
画像の元ネタが無い人へ、無から有を作りましょう。

読んで頂きありがとうございますm(_ _)m

気に入ってもらえたらクリックお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
趣味・ホビーランキング

AI作文
シェアする
ことをフォローする
女装写真をイラストに

コメント

タイトルとURLをコピーしました