※本ブログはアフィリエイト広告を利用しています。

さくらゆきの恋物語

AI作文
この記事は約5分で読めます。


さくらは今日も一人で部屋にこもっていた。彼女は学校に行きたくなかった。クラスメートからいじめられたり、先生から叱られたりするのが嫌だった。彼女は本を読んだり、音楽を聴いたり、絵を描いたりして時間を過ごした。彼女は絵がとても上手だった。彼女は自分の想像力で色々な世界を描いていた。

ある日、彼女はベッドに座って、花の絵を描いていた。彼女は花が好きだった。花はきれいで、香りが良くて、癒されるからだ。彼女は自分の部屋にも花を飾りたかったが、母親に許してもらえなかった。母親は花粉症だったからだ。

彼女は絵を描きながら、ふと窓の外を見た。そこには隣の家の男の子がいた。彼の名前は**ゆうき**という。彼はさくらと同じ学校に通っていたが、クラスは違っていた。彼はサッカー部に所属していて、とても人気があった。彼はいつも笑顔で、優しくて、元気だった。

さくらはゆうきに憧れていた。彼は自分と正反対の性格だったからだ。でも、彼に話しかける勇気はなかった。彼に興味がないと思われるかもしれないし、クラスメートにからかわれるかもしれないし、嫌われるかもしれないからだ。

ゆうきは窓からさくらに気づいた。彼はさくらに手を振って笑った。「おーい、さくら!元気?」彼は声をかけてきた。

さくらは驚いて赤面した。彼に見られていると思わなかったからだ。「あ、あの…」彼女は言葉に詰まった。

「どうしたの?何か用?」ゆうきは首を傾げて聞いた。

「えっと…」さくらは困って目をそらした。すると、目に入ったのは自分が描いていた花の絵だった。「これ…」彼女は思わず絵を指さした。

「おお、すごいね!花の絵だ!」ゆうきは感嘆した。「君、絵が上手だね!」

「そ、そんなことないよ…」さくらは恥ずかしくて小さく言った。

「本当だよ!僕も絵が好きなんだけど、全然描けないんだよね…」ゆうきは苦笑した。「君の絵を見せてくれない?」

「え?見せる?」さくらは驚いて聞き返した。

「うん、見せてよ!」ゆうきは頼んだ。「僕も君の世界を見てみたいんだ!」

「私の世界…?」さくらは不思議そうに言った。

「そうだよ!君の絵には君の想像力や感性や夢が込められているんだろう?それを僕にも見せてくれないかな?」ゆうきは熱心に言った。

さくらはゆうきの言葉に心が動かされた。彼は自分の絵に興味を持ってくれているのだ。彼は自分の世界を見てみたいと言ってくれているのだ。彼は自分を認めてくれているのだ。

さくらは勇気を出して、絵を窓から差し出した。「じゃあ…これ、見て…」

「ありがとう!」ゆうきは嬉しそうに絵を受け取った。「わぁ、すごいね!これはどんな花なの?」

「えっと…私が考えた花なの…」さくらは恥ずかしくて言った。

「君が考えた花なのか!すごいなぁ!どんな名前があるの?」ゆうきは興味津々に聞いた。

「名前は…」さくらは考えた。「**さくらゆき**という名前にしようかな…」

「さくらゆき?それは君と僕の名前を合わせたものなの?」ゆうきは驚いて言った。

「そ、そうなの…」さくらは赤くなって言った。「だって、この花は春と冬を表しているんだよ…」

「春と冬?どういうこと?」ゆうきは不思議そうに言った。

「この花は、春に咲く桜と冬に降る雪をイメージして描いたんだよ…」さくらは説明した。「桜は私の名前で、雪は君の名前で…」

「なるほど!それは面白いね!」ゆうきは感心した。「でも、春と冬は対照的な季節だよね?どうしてその二つを選んだの?」

「それは…」さくらは言葉を探した。「私たちは対照的な性格だから…」

「対照的な性格?」ゆうきは疑問そうに言った。

「うん…君は明るくて、元気で、人気があって、サッカーが上手で…私は暗くて、引っ込み思案で、友達が少なくて、何もできなくて…」さくらは自分を卑下した。

「そんなことないよ!」ゆうきは否定した。「君は素直で、優しくて、絵が上手で、夢があって…」

「本当?」さくらは目を輝かせた。

「本当だよ!」ゆうきは笑った。「君は素敵な人だよ!」

「ありがとう…」さくらは感動した。「君も素敵な人だよ!」

二人はしばらく絵を見ながら話し続けた。彼らは互いに好意を持ち始めた。彼らは春と冬のように違っていたが、それがかえって惹かれ合う要素になった。彼らは花の絵を通じて心を通わせた。彼らの恋物語が始まった。


さくらとゆうきは花の絵をきっかけに仲良くなった。彼らは毎日窓越しに話したり、絵を交換したりした。彼らは互いに想いを深めていった。

ある日、ゆうきはさくらに誘いの言葉をかけた。「ねえ、さくら。今度、一緒にお花見に行かない?」

「お花見?」さくらは驚いて聞き返した。

「うん、お花見。桜が咲いてるんだよ。君の名前の花だよ!」ゆうきは笑った。

「そうだね…桜だね…」さくらはうなずいた。

「じゃあ、行こうよ!君と桜を見たいんだ!」ゆうきは熱望した。

「私も…君と桜を見たい…」さくらは小声で言った。

「本当?じゃあ、明日の午後に公園で待ち合わせよう!」ゆうきは喜んだ。

「わかった…明日の午後に公園で…」さくらは約束した。

二人はお花見の計画を立てて別れた。彼らは初めてのデートに胸をときめかせた。

翌日、さくらは母親に嘘をついて家を出た。彼女は学校に行くと言って出かけたが、本当は公園に向かった。彼女はゆうきに会うのが楽しみだった。

公園に着くと、彼女は桜の木の下でゆうきを見つけた。彼は白いシャツと青いジーンズを着ていた。彼はさわやかでかっこよかった。

「おーい、さくら!来たね!」ゆうきは手を振って呼んだ。

「あ、あの…こんにちは…」さくらは恥ずかしくて挨拶した。

「こんにちは!君、可愛いね!」ゆうきは褒めた。

「そ、そんなことないよ…」さくらは顔を赤くした。

「本当だよ!君は桜のように美しいよ!」ゆうきは言った。

「ありがとう…」さくらは感謝した。

二人は桜の木の下に座ってお弁当を食べた。彼らは色々な話題で盛り上がった。彼らは笑ったり、驚いたり、感動したりした。彼らは楽しい時間を過ごした。

食事が終わると、ゆうきはさくらに手を差し出した。「ねえ、さくら。一緒に散歩しようよ!」

「散歩?」さくらは戸惑って聞き返した。

「うん、散歩。桜が散ってるんだよ。君と雪のような桜を見たいんだ!」ゆうきは言った。

「雪のような桜?」さくらは不思議そうに言った。

「そうだよ!君が描いてくれた花の名前だよ!**さくらゆき**だよ!」ゆうきは笑った。

「そうだね…**さくらゆき**だね…」さくらは微笑んだ。

「じゃあ、行こうよ!君と**さくらゆき**を見たいんだ!」ゆうきは熱望した。

「私も…君と**さくらゆき**を見たい…」さくらは小声で言った。

「本当?じゃあ、手を繋ごうよ!」ゆうきは提案した。

「手を繋ぐ?」さくらは驚いて聞き返した。

「うん、手を繋ぐ。君と一緒にいたいんだ!」ゆうきは言った。

「私も…君と一緒にいたい…」さくらは言った。

二人は手を繋いで散歩を始めた。彼らは桜の花びらが舞う景色に感動した。彼らは春と冬のように違っていたが、それがかえって調和する美しさになった。彼らは**さくらゆき**のように愛し合った。彼らの恋物語が続いた。

今日は恋愛小説風に調整してみた。

架空の花まで想像してしまうとは。。。

同じ言葉を連呼してしまうのはAIの特徴でしょうか?

このブログで契約している有料サーバーはこちら
こちらもおすすめです。クリックして見てみて下さい。
女装を始めるなら洋服はこちらで、彼女へのプレゼントにもいいですよ。
上質な記事を自動生成したいなら。文才のない私には欠かせません。
画像の元ネタが無い人へ、無から有を作りましょう。

読んで頂きありがとうございますm(_ _)m

気に入ってもらえたらクリックお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
趣味・ホビーランキング

AI作文
シェアする
ことをフォローする
女装写真をイラストに

コメント

タイトルとURLをコピーしました