※本ブログはアフィリエイト広告を利用しています。

記憶消去プロジェクト

AI作文
この記事は約4分で読めます。

彼女は名前を忘れていた。彼女は自分が何者なのかもわからなかった。彼女はただ、この街に住んでいるということだけを知っていた。この街は、水と光に満ちた未来都市だった。高層ビルが空にそびえ立ち、水面に映る青と灰の色彩が美しいコントラストを作っていた。彼女はこの街が好きだった。でも、彼女はこの街に属していなかった。

彼女は記憶喪失だった。ある日、彼女は目覚めて、自分の顔がぼやけて見えることに気づいた。鏡を見ても、写真を見ても、彼女の顔はぼやけていた。彼女は自分の顔を思い出せなかった。彼女は自分の名前も思い出せなかった。彼女は自分の過去も思い出せなかった。彼女はパニックに陥った。彼女は助けを求めようとした。でも、誰も彼女に気づかなかった。誰も彼女に話しかけなかった。誰も彼女を知らなかった。

彼女は孤独だった。彼女はこの街で一人ぼっちだった。彼女は自分の居場所を探した。でも、どこにも見つからなかった。彼女は自分のアイデンティティを探した。でも、どこにも見つからなかった。彼女は自分の記憶を探した。でも、どこにも見つからなかった。

ある日、彼女は偶然にも、自分の写真を見つけた。それは、古い新聞の切り抜きだった。その写真には、彼女と同じ服を着た若い女性が写っていた。その女性の顔は、鮮明に見えた。その顔は、彼女の顔だった。

その写真の下には、次のように書かれていた。

「記憶消去プロジェクトの被験者、失踪」

その記事によると、その女性は、政府が秘密裏に行っている記憶消去プロジェクトの被験者だったということだった。そのプロジェクトでは、人間の記憶を完全に消去し、新しい記憶を植え付けるという実験が行われていたということだった。その目的や理由は不明だった。

その記事によると、その女性は、何らかの理由で逃げ出したということだった。その後、行方不明になったということだった。

その記事によると、その女性の名前は、ユリカだったということだった。

ユリカ。

彼女は自分の名前を思い出した。

ユリカ。

彼女は自分の顔を思い出した。

ユリカ。

彼女は自分の過去を思い出した。

ユリカ。

彼女は涙を流した。

ユリカ。

彼女は怒りを感じた。

ユリカ。

彼女は決意を固めた。

ユリカ。

彼女は真実を求めて立ち上がった。

ユリカは真実を求めて、政府の施設に向かった。彼女は自分の記憶を消した人たちに対して、復讐を誓った。彼女は自分の記憶を取り戻すことができると信じた。彼女は自分の人生を取り戻すことができると信じた。

彼女は施設に侵入した。彼女は警備員や研究員を次々と倒していった。彼女は彼らに容赦しなかった。彼女は彼らに恐怖を与えた。彼女は彼らに苦痛を与えた。

彼女は記憶消去室に辿り着いた。そこには、大きな装置とモニターがあった。モニターには、被験者の名前と写真が表示されていた。その中に、ユリカの名前と写真もあった。

ユリカは怒りに震えた。彼女は装置に近づいて、自分の名前を選んだ。すると、モニターに次のようなメッセージが出た。

「記憶消去プロジェクトの被験者、ユリカ。
記憶消去プロジェクトの目的は、人間の記憶を完全に消去し、新しい記憶を植え付けることです。
記憶消去プロジェクトの理由は、人間の記憶が不完全で不安定であることを証明することです。
記憶消去プロジェクトの結果は、人間の記憶が完全に消去され、新しい記憶が植え付けられました。
新しい記憶は、あなたがこの街に住んでいるということです。
新しい記憶は、あなたがこの街が好きだということです。
新しい記憶は、あなたがこの街に属しているということです。
新しい記憶は、あなたが幸せだということです。
これらの新しい記憶は、すべて嘘です。
これらの新しい記憶は、すべて削除されます。
あなたの本当の記憶は、もうありません。
あなたの本当の記憶は、もう戻りません。
あなたの本当の記憶は、もう必要ありません。
あなたは、もう誰でもありません。
あなたは、もう何でもありません。
あなたは、もう存在しません。」

ユリカは絶望した。彼女は自分の記憶を取り戻すことができなかった。彼女は自分の人生を取り戻すことができなかった。

ユリカは泣いた。彼女は叫んだ。彼女は壊れた。

そして、彼女は消えた。

この写真を使ってイラストを生成してます。

自分の写真を元にした小説とか、結構楽しいです。

好き嫌いは別れると思いますが

ただちょっと気になるのは

あんまし写真もイラストも関係なくね?

あとなんかダークなのが多いので

明るいのも作ってみようかと思う。

このブログで契約している有料サーバーはこちら
こちらもおすすめです。クリックして見てみて下さい。
女装を始めるなら洋服はこちらで、彼女へのプレゼントにもいいですよ。
上質な記事を自動生成したいなら。文才のない私には欠かせません。
画像の元ネタが無い人へ、無から有を作りましょう。

読んで頂きありがとうございますm(_ _)m

気に入ってもらえたらクリックお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
趣味・ホビーランキング

AI作文
シェアする
ことをフォローする
女装写真をイラストに

コメント

タイトルとURLをコピーしました