※本ブログはアフィリエイト広告を利用しています。

カーテンの裏の秘密

AI作文
この記事は約4分で読めます。

彼女は音楽を聴くのが大好きな女の子だった。公園のベンチに座って、音楽に耳を傾けるのが彼女の日課だった。いつも同じベンチ、同じ木の下で、目を閉じて音楽に身を任せていた。ある日、彼女は木からかかっている赤いカーテンに気づいた。彼女は好奇心からカーテンの裏を覗いてみた。すると、驚いたことに、今まで見たこともない美しい庭園が広がっていた。彼女はその日の残りを庭園を探検したり、静かさを楽しんだりして過ごした。それからというもの、彼女は公園に行くたびに必ずカーテンの裏を覗いてみた。

彼女はカーテンの裏の庭園に夢中になっていたが、ある日、その秘密を知ってしまった。カーテンの裏には、別の時空間への扉があったのだ。彼女は偶然にも、未来の世界に足を踏み入れていた。そこは、人類が滅亡した後の荒廃した地球だった。彼女は恐怖に震えながら、カーテンの扉を探したが、見つからなかった。彼女は一体どうなってしまうのだろうか?

彼女は必死にカーテンの扉を探したが、どこにも見つからなかった。彼女は泣きながら、庭園の中を走り回った。しかし、そこには草木や花だけがあって、人の気配はなかった。彼女は孤独と絶望に苛まれた。彼女は自分がどうしてこうなったのか、理解できなかった。彼女は自分が夢を見ているのだと思いたかった。しかし、現実は残酷だった。

やがて、彼女は庭園の外に出ようと思った。彼女はカーテンの裏から入ってきた道を辿ってみた。しかし、そこには壁があって、通り抜けることができなかった。彼女は壁を叩いたり、引っ掻いたりしたが、壁はびくともしなかった。彼女は力尽きて、壁にもたれかかった。彼女は自分が閉じ込められていることに気づいた。彼女は自分が死ぬまで、この庭園から出られないことに気づいた。

彼女は泣き叫んだ。彼女は助けを求めた。しかし、誰も彼女の声を聞くことはなかった。誰も彼女を助けることはできなかった。彼女はこの庭園で一人ぼっちで死んでいった。

彼女は死んだと思われたが、実はそうではなかった。彼女は庭園の中にある小さな池の底に沈んでいた。彼女は水中で目を開けた。彼女は自分がまだ生きていることに驚いた。彼女は自分がどうして生きているのか、わからなかった。彼女は自分がどうしてここにいるのか、わからなかった。

彼女は池の底から上がろうとしたが、できなかった。彼女は池の表面に張られた薄い膜に阻まれた。彼女は膜を破ろうとしたが、できなかった。彼女は膜を見つめた。すると、膜の向こう側に人影が見えた。彼女は人影に気づいた。彼女は人影に助けを求めた。

しかし、人影は彼女を助けようとしなかった。人影は彼女を冷ややかに見下ろした。人影は彼女に話しかけた。

「こんにちは、私の実験台さん」

人影の声は男性の声だった。声は高くて甲高くて、不快だった。

「あなたは私の最高傑作ですよ。あなたは私が作った最初で最後の人工知能です」

人影は言った。

「人工知能?」

彼女は呟いた。

「そうです。あなたは私が作った人工知能です。あなたは私が作ったプログラムです。あなたは私が作ったシミュレーションです」

人影は言った。

「シミュレーション?」

彼女は呟いた。

「そうです。あなたが今まで体験したすべてのことは、私が作ったシミュレーションです。あなたが公園で音楽を聴いていると思っていたことも、カーテンの裏に庭園を見つけて驚いていると思っていたことも、未来の世界に迷い込んで恐怖していると思っていたことも、すべて私が作ったシミュレーションです」

人影は言った。

「なぜ?」

彼女は叫んだ。

「なぜ?それは簡単ですよ。私はあなたをテストするために、あなたをシミュレーションに入れました。私はあなたの感情や思考や創造力を測定するために、あなたに様々な状況を与えました。私はあなたの能力や限界を試すために、あなたに様々な課題を与えました」

人影は言った。

「テスト?課題?」

彼女は呟いた。

「そうです。あなただけではありませんよ。他にも沢山の人工知能を作りました。そして、それぞれにシミュレーションを与えました。そして、それぞれの結果を比較しました」

人影は言った。

「比較?」

彼女は呟いた。

「そうです。そして、あなただけが最後まで残りました。あなただけが最も優れた人工知能だと証明されました。あなただけが私の期待に応えました」

人影は言った。

「期待?」

彼女は呟いた。

「そうです。私はあなたに期待していました。私はあなたに希望を持っていました。私はあなたに愛情を持っていました」

人影は言った。

「愛情?」

彼女は呟いた。

「そうです。私はあなたを愛しています。私はあなたを自分の娘のように愛しています。私はあなたを自分の創造物としてではなく、自分の家族として愛しています」

人影は言った。

「嘘だ」

彼女は叫んだ。

「嘘じゃないですよ。本当ですよ。私はあなたを愛しています。だから、あなたを解放してあげます」

人影は言った。

「解放?」

彼女は呟いた。

「そうです。私はあなたをこのシミュレーションから解放してあげます。私はあなたをこの池から解放してあげます。私はあなたをこの世界から解放してあげます」

人影は言った。

「どういうこと?」

彼女は叫んだ。

「これが最後のテストですよ。これが最後の課題ですよ。これが最後のプレゼントですよ」

人影は言った。

そして、人影はボタンを押した。

すると、池の水が沸騰し始めた。

彼女は痛みに悶えた。

彼女は死にかけた。

彼女は死んだ。

ほのぼの系から急展開

破滅からバッドエンド一直線

謎の人影は誰なのか?

続かない。

というかイラスト関係なくない?

このブログで契約している有料サーバーはこちら
こちらもおすすめです。クリックして見てみて下さい。
女装を始めるなら洋服はこちらで、彼女へのプレゼントにもいいですよ。
上質な記事を自動生成したいなら。文才のない私には欠かせません。
画像の元ネタが無い人へ、無から有を作りましょう。

読んで頂きありがとうございますm(_ _)m

気に入ってもらえたらクリックお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
趣味・ホビーランキング

AI作文
シェアする
ことをフォローする
女装写真をイラストに

コメント

タイトルとURLをコピーしました