※本ブログはアフィリエイト広告を利用しています。

凍結された夢

AI作文
この記事は約2分で読めます。

彼女は、夢を見ていた。それは、とても美しい夢だった。彼女は、自分の好きな人と一緒にいた。彼女は、彼に優しく微笑んでいた。彼は、彼女に抱きしめてくれた。彼女は、幸せだった。

しかし、その夢は突然終わった。彼女は、目を覚ました。周りには何もない。ただ、白い雪と黒い木々と灰色の岩だけがある。彼女は、ここがどこなのかわからなかった。彼女は、どうしてここにいるのかわからなかった。

彼女は、唯一持っていたものを見た。それは、黒いバッグだった。金色のチェーンがついている。中には、何が入っているのだろうか。彼女は、バッグを開けようとした。しかし、開かなかった。鍵がかかっているのだ。彼女は、鍵を探した。しかし、見つからなかった。

彼女は、パニックになった。誰かに助けを求めようとした。しかし、声が出なかった。彼女は、自分の顔に触れようとした。しかし、感触がなかった。

彼女は、気づいた。自分の顔が見えないことに。彼女は、雪に映る自分の姿を見た。しかし、顔がぼやけているのだ。目も鼻も口も耳もないのだ。

彼女は、恐怖に震えた。自分が人間でなくなってしまったことに。

そこで、彼女は気づいた。

これも夢なのだと。

そして、

目を覚ました。

周りには何もない。

ただ、

白い雪と

黒い木々と

灰色の岩だけがある。

これは、

繰り返される悪夢だった。

彼女は、

実験体として捕らわれているのだ。

彼女の脳には、

電極が埋め込まれているのだ。

彼女の記憶や感情や人格は、

消去されてしまったのだ。

彼女の身体は、

冷凍保存されているのだ。

彼女の夢は、

監視されているのだ。

彼らは、

彼女を利用して何かを探ろうとしているのだ。

彼らは、

彼女にバッグを持たせて何かを隠そうとしているのだ。

バッグの中には、

秘密があるのだ。

秘密とは、

人類の運命を左右するものなのだ。

しかし、

彼らは知らない。

彼女にも秘密があることを。

秘密とは、

彼女が目覚める方法を知っていることなのだ。

前半はホラーに、後半はSFチックに

さらっと文章が出来てきます。

どこから区切られてるかわかりますか?

このブログで契約している有料サーバーはこちら
こちらもおすすめです。クリックして見てみて下さい。
女装を始めるなら洋服はこちらで、彼女へのプレゼントにもいいですよ。
上質な記事を自動生成したいなら。文才のない私には欠かせません。
画像の元ネタが無い人へ、無から有を作りましょう。

読んで頂きありがとうございますm(_ _)m

気に入ってもらえたらクリックお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
趣味・ホビーランキング

AI作文
シェアする
ことをフォローする
女装写真をイラストに

コメント

タイトルとURLをコピーしました