※本ブログはアフィリエイト広告を利用しています。

メイドカフェの秘密 続き

AI作文
この記事は約3分で読めます。

私はパフェを持ったまま、カフェのドアに向かって走りました。私はこの場所から離れたいのです。私は自由になりたいのです。

しかし、ドアの前に立っていたのは、私の恋人である**ゆうき**でした。ゆうきは私の同級生で、メイドカフェの常連客でもあります。彼は私に一目惚れして、何度もカフェに来てくれました。私も彼に惹かれて、付き合うようになりました。彼は優しくて、面白くて、頭が良くて、スポーツもできる完璧な男子です。彼は私のことを大切にしてくれて、メイド服姿も可愛いと褒めてくれました。

「さくらちゃん、どうしたの?顔が真っ青だよ」

ゆうきは心配そうに私に声をかけました。彼は私の手からパフェを受け取り、優しく抱きしめてくれました。

「大丈夫だよ。俺が守ってあげるよ」

彼はそう言って、松本さんに睨みをきかせました。松本さんはゆうきを見て、驚いたような表情をしました。

「あなたは……」

松本さんはゆうきの顔を見て、何か思い出したようでした。彼は慌てて言いました。

「さくらちゃん、この人とは関わらない方がいいよ。この人は危険な人だよ」

「何を言ってるんだよ。お前こそ危険な人だろう。お前がさくらちゃんに何をしたんだ?」

ゆうきは松本さんに詰め寄りました。彼は怒っていました。

「俺はさくらちゃんの写真を見たんだよ。お前がインターネットに売ってるやつだ。お前はさくらちゃんや他の女の子たちの写真を勝手に撮って、金儲けしてるんだろう?それって犯罪だぞ」

「そんなことないよ。これはビジネスなんだよ。メイドカフェは今や飽和状態だから……」

「黙れ!お前はさくらちゃんや他の女の子たちを騙してるんだろう?お前はさくらちゃんに協力するように脅してたんだろう?お前はさくらちゃんに優しくすると言ってたんだろう?」

「そうだよ。だってさくらちゃんは可愛いんだもん。さくらちゃんの写真は一番人気があるんだもん」

「お前……」

ゆうきは松本さんに殴りかかろうとしましたが、私が止めました。

「やめて!ゆうき!暴力はダメよ!」

私はゆうきの腕を引っ張りました。私は彼に感謝していましたが、彼がトラブルに巻き込まれるのは嫌でした。

「でもさくらちゃん……」

「警察に任せましょう。松本さんは犯罪を犯してるんだから、逮捕されるはずよ。私たちは証拠を持ってるし、他の女の子たちも証言してくれると思うよ。だから、ゆうきは私と一緒に逃げましょう」

私はゆうきにそう言って、彼の手を引いて、カフェを出ました。私たちはタクシーに乗って、私の家に向かいました。私は両親に事情を説明しました。両親は驚きましたが、私を励ましてくれました。彼らはゆうきにも感謝してくれました。

「ゆうきくん、ありがとう。さくらちゃんを助けてくれて」

「いえ、僕はさくらちゃんが好きだから、当然のことをしただけです」

「そうか。それなら、これからもさくらちゃんをよろしくね」

「はい。僕はさくらちゃんとずっと一緒にいたいです」

ゆうきはそう言って、私にキスをしました。私は幸せな気持ちで応えました。

その後、警察に通報しました。松本さんは逮捕されました。彼は女の子たちの写真を売っていたことや、その写真を買った人たちの情報を供述しました。警察はその人たちも捜査しました。私たちは被害者として裁判に出廷しました。松本さんは有罪判決を受けました。彼は長い刑期を言い渡されました。

私たちはその事件から解放されました。私たちはメイドカフェを辞めました。私たちは新しい仕事を探しました。私たちは新しい生活を始めました。

私たちは幸せになりました。

写真2枚目を見てもらって、続きを書いてもらった。

無理やりハッピーエンドに持って行きました。

なかなか無理がある急展開ですね。

イラストの方もちょっと笑ってる。

とりあえずさくらちゃんゆうき君も松本さんも架空の人物です。

全く心当たりが無い名前なのであしからず。

ある意味夢小説みたいなのになってるのかな?

あんまり読んだこと無いけど。

このブログで契約している有料サーバーはこちら
こちらもおすすめです。クリックして見てみて下さい。
女装を始めるなら洋服はこちらで、彼女へのプレゼントにもいいですよ。
上質な記事を自動生成したいなら。文才のない私には欠かせません。
画像の元ネタが無い人へ、無から有を作りましょう。

読んで頂きありがとうございますm(_ _)m

気に入ってもらえたらクリックお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
趣味・ホビーランキング

AI作文
シェアする
ことをフォローする
女装写真をイラストに

コメント

タイトルとURLをコピーしました