※本ブログはアフィリエイト広告を利用しています。

メイドカフェの秘密

AI作文
この記事は約3分で読めます。

私はメイドカフェで働くアルバイトの女子高生です。名前はさくらと言います。メイドカフェと言っても、普通のカフェと変わらないですよ。お客様に「ご主人様」とか「お嬢様」とか呼んだり、萌え萌えしたポーズをしたりすることはありません。ただ、メイド服を着て、パフェやケーキなどのスイーツを提供するだけです。私はこの仕事が好きで、毎日楽しく働いています。

しかし、ある日、私はカフェの秘密を知ってしまいました。それは、カフェのオーナーである松本さんが、私たちの写真をインターネットに売っているということでした。しかも、顔はぼかされているものの、メイド服やパフェなどの細かい部分まで写っているのです。私は偶然、松本さんのパソコンを見てしまったときに、そのことに気づきました。松本さんは私に気づかれないように、すぐにパソコンを閉じましたが、私はすでに画面を見てしまっていたのです。

私はショックを受けました。私たちはこんなことに利用されていたのですか?私たちの写真は誰が買っているのですか?そして、その写真はどういう目的で使われているのですか?私は恐怖と怒りで震えました。私は松本さんに詰め寄ろうとしましたが、彼は冷静に言いました。

「さくらちゃん、落ち着いて。これはビジネスなんだよ。メイドカフェは今や飽和状態だから、何か差別化しないとやっていけないんだよ。だから、私はこの写真を売って、カフェの収入を増やしているんだよ。これでお給料も上げられるし、みんなも嬉しいだろう?」

「そんなこと言っても許せないよ!私たちのプライバシーを侵害しているじゃないか!それに、この写真を買った人たちはどういう人たちなの?変な人じゃないの?」

「大丈夫だよ。この写真を買った人たちはみんな紳士だよ。変なことはしないよ。それに、顔はぼかしてあるから、誰だかわからないよ。安心してくれよ」

「そんなことじゃないよ!これは犯罪だよ!警察に通報するよ!」

「そんなことしたら、君も困るよ。君もこの写真に写ってるんだから。君の両親や学校や友達に知られたらどうするんだ?君も同罪だよ」

「そんな……」

私は言葉に詰まりました。松本さんの言う通り、私もこの写真に写っています。私も被害者なのに、加害者にされてしまうのですか?私はどうすればいいのですか?

松本さんはニヤリと笑って言いました。

「さくらちゃん、君はとても可愛いよ。君の写真は一番人気があるよ。だから、これからも一緒に頑張ろうよ。君が協力してくれれば、私も君に優しくするよ。どうだい?」

私は松本さんの目に恐怖を感じました。私はこの人から逃げなければなりません。でも、どうやって逃げればいいのでしょうか?

私は涙を流しながら、パフェを持ったまま、カフェのドアに向かって走りました。私はこの場所から離れたいのです。私は自由になりたいのです。

AIが写真を見てこんな感じにSSを作ってくれました。

まだ途中なので、別途続きを上げます。

イラストにするとこんな感じ

写真で若干足が開いているのが

こちらにも反映されてしまった。。。

このブログで契約している有料サーバーはこちら
こちらもおすすめです。クリックして見てみて下さい。
女装を始めるなら洋服はこちらで、彼女へのプレゼントにもいいですよ。
上質な記事を自動生成したいなら。文才のない私には欠かせません。
画像の元ネタが無い人へ、無から有を作りましょう。

読んで頂きありがとうございますm(_ _)m

気に入ってもらえたらクリックお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
趣味・ホビーランキング

AI作文
シェアする
ことをフォローする
女装写真をイラストに

コメント

タイトルとURLをコピーしました