※本ブログはアフィリエイト広告を利用しています。

セーラー服を着た男子高校生の話

AI作文
この記事は約3分で読めます。

彼はセーラー服を着ていることに慣れていなかった。彼は男子高校生だったが、ある日、学校の文化祭で女装することになってしまった。彼はクラスメイトに無理やり選ばれたのだ。彼は断ろうとしたが、クラスメイトは聞く耳を持たなかった。彼らは彼の顔立ちが女性的だと言って、彼をからかった。彼は仕方なくセーラー服を着て、クラスの出し物である喫茶店のウェイトレスをすることにした。

彼はセーラー服を着て鏡を見たとき、自分でも驚いた。彼は確かに女性に見えた。彼の髪は長くて黒くてストレートだった。彼の目は大きくて青くて澄んでいた。彼の肌は白くて滑らかだった。彼の唇は薄くてピンクだった。彼はセーラー服に合わせてメイクもしてもらった。彼はマスカラとアイライナーで目を強調し、チークとリップで頬と唇に色をつけた。彼は自分の姿に恥ずかしくなった。彼はこんな姿で人前に出ることができるだろうかと思った。

文化祭の当日、彼はセーラー服を着て学校に行った。彼は帽子とサングラスで顔を隠したが、それでも目立ってしまった。彼は人目を避けて教室に向かったが、途中で何人もの人に声をかけられた。彼らは彼が誰なのか知らなかったが、彼の姿に興味を持った。彼らは彼に話しかけたり、写真を撮ろうとしたり、触ろうとしたりした。彼はそれらを振り切って教室に駆け込んだ。

教室に入ると、クラスメイトが彼を待っていた。彼らは彼の姿を見て驚いたが、すぐに笑い始めた。彼らは彼をからかって、冗談や質問や注文を言った。彼らは彼にウェイトレスらしく振る舞うように言った。彼らは彼にお辞儀やお手伝いやおすすめをするように言った。彼らは彼に可愛く笑うように言った。彼はそれらに従わざるを得なかった。彼はクラスメイトの言うことを聞いて、ウェイトレスとして働いた。

喫茶店が始まると、客が次々とやってきた。客の中には他のクラスや学年の生徒だけでなく、先生や保護者や来賓もいた。彼は彼らに対応しなければならなかった。彼は彼らにメニューを渡したり、注文を取ったり、料理や飲み物を運んだりした。彼は彼らに笑顔で接したり、丁寧に話したり、親切にしたりした。彼は彼らに感謝されたり、褒められたり、賞賛されたりした。彼はそれらに戸惑ったが、嫌な気持ちにはならなかった。

彼は次第にセーラー服を着ていることに慣れてきた。彼はセーラー服が自分に似合っていることに気づいた。彼はセーラー服が自分に快適であることに気づいた。彼はセーラー服を着ているときの自分が好きになった。彼はセーラー服を着ているときの自分が本当の自分だと感じた。

文化祭が終わると、彼はセーラー服を脱がなければならなかった。彼はセーラー服を脱ぎたくなかった。彼はセーラー服を着続けたかった。彼はセーラー服を持ち帰りたかった。しかし、彼はそれができなかった。彼はセーラー服を返さなければならなかった。彼は元の姿に戻らなければならなかった。

彼はセーラー服を脱いで、男子の制服に着替えた。彼は鏡を見て、自分の姿にがっかりした。彼は男子の制服が自分に似合わないことに気づいた。彼は男子の制服が自分に不快であることに気づいた。彼は男子の制服を着ているときの自分が嫌いだった。彼は男子の制服を着ているときの自分が本当の自分ではないと感じた。

彼はセーラー服を手放すことができなかった。彼はセーラー服を忘れることができなかった。彼はセーラー服を再び着ることを望んだ。彼はセーラー服を買うことを決めた。

ここまで情熱的に思っている人がどのくらいいるかわかりませんが

なんとなく一度着たら忘れられなくなって

セーラー服を買った人もいるのではないでしょうか?

私はコスプレ用のを買って初めて着たので

リアルなものは着たことないですが。。。

イラストにするとこんな感じ。

髪型も落ち着いて、メイクもきつくない

普通の女子高生くらいに見えますね。

こんなんだったらモザイクかける必要なくなるんですが。。。

このブログで契約している有料サーバーはこちら
こちらもおすすめです。クリックして見てみて下さい。
女装を始めるなら洋服はこちらで、彼女へのプレゼントにもいいですよ。
上質な記事を自動生成したいなら。文才のない私には欠かせません。
画像の元ネタが無い人へ、無から有を作りましょう。

読んで頂きありがとうございますm(_ _)m

気に入ってもらえたらクリックお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
趣味・ホビーランキング

AI作文
シェアする
ことをフォローする
女装写真をイラストに

コメント

タイトルとURLをコピーしました