※本ブログはアフィリエイト広告を利用しています。

女子高生と入れ替わったらしい

AI作文
この記事は約3分で読めます。

彼は目覚めたときに、自分が女子高生の制服を着ていることに気づいた。彼は鏡を見て、自分の顔が見知らぬ女性の顔になっていることに驚愕した。彼は自分の名前を思い出そうとしたが、何も思い出せなかった。彼は部屋を見回したが、自分のものらしいものは何も見つからなかった。彼はどうしてこうなったのか、何が起こったのか、理解できなかった。

彼は窓から外を見た。そこには彼が知らない街並みが広がっていた。彼は時計を見て、時間が午前八時半であることに気づいた。彼は制服についていた名札を見て、自分が今日から新しい学校に通うことになっている女子高生であることを知った。彼は名札に書かれた名前を唇につけた。「小林美咲」という名前だった。

彼はパニックに陥った。彼はどうすればいいのかわからなかった。彼はこの体から抜け出したかった。彼は元の体に戻りたかった。彼はこの状況を誰かに話したかった。しかし、誰も信じてくれないだろうと思った。彼は一人でこの問題を解決しなければならないと感じた。

彼は部屋から出て、廊下に出た。そこで彼は隣の部屋から出てきた男性と目が合った。男性は驚いて彼を見つめた。「あなた・・・」男性は言った。「あなたは・・・」彼も言った。

二人は同時に気づいた。二人は入れ替わっているのだ。男性は元々小林美咲という女子高生だったのだ。そして、彼は元々その男性だったのだ。

二人は互いに近づいて、声を低くして話し始めた。「どうしてこんなことになったんだ?」男性が尋ねた。「わからないよ。昨日までは普通だったのに」彼が答えた。「どうしよう?学校に行かなきゃいけないんだよ」男性が言った。「学校?俺は仕事だよ」彼が言った。「仕事?あなた何者?」男性が言った。「俺?俺は・・・」彼が言おうとしたとき、ドアベルが鳴った。

二人はドアベルの音に驚いて顔を見合わせた。「誰だろう?」男性が言った。「わからないけど、開けなきゃ」彼が言ってドアに向かった。

ドアを開けると、そこに立っていたのは、彼が知っている人物だった。彼の上司だった。彼の上司は彼を見て、怒った顔をした。「おい、どういうことだ?今日は大事な会議があるというのに、なぜ出社しないんだ?電話にも出ないし、メールにも返事しないし、何をやっているんだ?」彼の上司は怒鳴った。

彼は固まった。彼はどう答えればいいのかわからなかった。彼は自分の上司に女子高生の制服を着ていることを説明できなかった。彼は自分が入れ替わってしまったことを説明できなかった。彼は自分が何者なのかも説明できなかった。

彼はただ、無言で上司を見つめた。上司は彼の表情に気づいて、不審に思った。「おい、お前、大丈夫か?病気でもしたのか?それとも何か問題でもあるのか?」上司は言った。

そのとき、男性が声をかけた。「すみません、この人は今日は体調が悪くて、学校を休むことになりました。私はこの人の兄です。この人の代わりに電話をしたりメールをしたりするつもりでしたが、忙しくてできませんでした。申し訳ありません」男性は嘘をついた。

上司は男性を見て、疑わしげに言った。「そうか?それなら仕方ないな。でも、この人は早く治して出社しなければならないぞ。今日の会議は非常に重要だからな。分かってるな?」上司は言ってドアを閉めた。

男性はドアを閉めて鍵をかけた。そして、彼に向かって言った。「よかった、ごまかせたよ。でも、これ以上こんなことが続くわけにはいかないよ。早く元に戻らなきゃ」男性は言った。

彼は男性に感謝した。「ありがとう。助かったよ。でも、どうやって元に戻るんだ?」彼は尋ねた。

男性は首をふった。「わからないよ。でも、何かヒントがあるんじゃないかな?入れ替わった原因が」男性は言った。

彼は考え込んだ。「ヒントか・・・」彼は言って、自分の頭の中を探った。「何か思い出せることはないか・・・」彼は言って、昨日のことを思い出そうとした。

なんか似たような写真を使っても全然違う話が出来てきますね。

イラストにしたらこんな感じ

カバンを両手持ちしてますが、中身は空です。

話としてはどうしようか考え始めたところで終了しましたので

続きはありません。

もし続きが気になるなら脳内補完してください。

このブログで契約している有料サーバーはこちら
こちらもおすすめです。クリックして見てみて下さい。
女装を始めるなら洋服はこちらで、彼女へのプレゼントにもいいですよ。
上質な記事を自動生成したいなら。文才のない私には欠かせません。
画像の元ネタが無い人へ、無から有を作りましょう。

読んで頂きありがとうございますm(_ _)m

気に入ってもらえたらクリックお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
趣味・ホビーランキング

AI作文
シェアする
ことをフォローする
女装写真をイラストに

コメント

タイトルとURLをコピーしました