※本ブログはアフィリエイト広告を利用しています。

誰でもない

AI作文
この記事は約4分で読めます。

彼は車の中で目を閉じた。彼の頭には帽子がかぶっていたが、それは彼の顔を隠すためではなかった。彼はただ、太陽の光が眩しすぎるのを避けたかっただけだ。彼は車のシートにもたれかかり、ひざの上に置いたバッグを握りしめた。バッグの中には、彼が今までに集めたすべての思い出が詰まっていた。写真、手紙、小さなお守りなどだ。彼はそれらを見ることができなかったが、それらを感じることができた。彼らは彼に安心感と温かさを与えてくれた。

彼はこの旅に出る前に、彼女と別れた。彼女は彼のことを愛していないと言った。彼女は別の人と一緒になりたいと言った。彼はそれを信じられなかった。彼は彼女のことを愛していた。彼は彼女と一生を共にしたかった。でも、彼女は違っていた。彼女は彼を捨ててしまった。

彼は傷つき、混乱し、怒りに満ちていた。彼は何もかも忘れてしまいたかった。だから、彼は車に乗り込み、遠くへ走り出した。目的地もなく、方向もなく、ただ走り続けた。途中で何度も止まろうと思ったが、止まることができなかった。止まれば、現実に戻らなければならないからだ。

だから、彼は走り続けた。夜も昼も関係なく走り続けた。食べることも飲むことも忘れて走り続けた。眠気も疲労も感じなくなって走り続けた。そして、とうとう走りきった。

車はガス欠で止まってしまった。周りには何もない荒野が広がっていた。誰も助けてくれる人もいなかった。携帯電話も圏外だった。彼は完全に孤立してしまった。

彼は車から降りようとしたが、力が入らなかった。彼は車の中で動けなくなってしまった。彼は自分の命が危険だと分かっていたが、何もする気になれなかった。彼はただ、バッグを抱きしめて泣いた。

すると、突然、車の窓をノックする音がした。驚いて目を開けると、そこには見知らぬ男性が立っていた。男性は茶色の髪と青い目をしていて、白いシャツとジーンズを着ていた。男性は笑顔で手を振っていた。

「こんにちは」と男性は言った。「大丈夫ですか?」

彼は言葉に詰まった。彼はこの男性が誰なのか、どこから来たのか、何のために来たのか、分からなかった。彼はこの男性を信用できるのか、分からなかった。でも、彼はこの男性が自分を助けてくれるのではないかという希望を感じた。

「あの、すみません」と彼は言った。「ガスがなくなってしまって…」

「大丈夫ですよ」と男性は言った。「僕が助けてあげます。僕の車はあそこにあります」と言って、男性は指をさした。彼の目の前には、赤いピックアップトラックが停まっていた。

「どうぞ、乗ってください」と男性は言った。「僕があなたを連れて行きます」

「どこに?」と彼は聞いた。

「どこでもいいですよ」と男性は言った。「あなたが行きたいところに」

彼は迷った。彼はこの男性について行くべきなのか、それとも車の中に残るべきなのか、分からなかった。でも、彼はもう一度バッグを見て、決心した。彼はバッグを持ち上げて、車から降りた。そして、男性について歩き始めた。

「ありがとう」と彼は言った。

「どういたしまして」と男性は言った。「それで、あなたの名前は?」

「僕は…」と彼は言おうとしたが、止まった。彼は自分の名前を思い出せなかった。彼は自分が誰なのかも思い出せなかった。

「僕は…」と彼はもう一度言おうとしたが、やめた。彼は自分の名前を言わなくてもいいと思った。彼は自分の過去を忘れてしまってもいいと思った。彼は新しい人生を始めることができると思った。

「僕は…」と彼は三度目に言おうとしたが、笑った。「僕は誰でもないよ」

「そうですか」と男性は言った。「じゃあ、僕も誰でもないよ」

二人は笑って、トラックに乗り込んだ。そして、二人はどこかへ走り出した。目的地もなく、方向もなく、ただ走り続けた。

このイラストをどこに使ったかわからないけど

多分別れた彼女のイメージなのかな?

AIって結構同じ言葉を連呼する気がする。

結構詳しく書くけど、ちょっとくどい

でもサラッと書いて主語がわからないよりはいいのかな?

次はどんな文章を作ってみようか?

自分の好みだとダーク系になりやすい気がする。

このブログで契約している有料サーバーはこちら
こちらもおすすめです。クリックして見てみて下さい。
女装を始めるなら洋服はこちらで、彼女へのプレゼントにもいいですよ。
上質な記事を自動生成したいなら。文才のない私には欠かせません。
画像の元ネタが無い人へ、無から有を作りましょう。

読んで頂きありがとうございますm(_ _)m

気に入ってもらえたらクリックお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
趣味・ホビーランキング

AI作文
シェアする
ことをフォローする
女装写真をイラストに

コメント

タイトルとURLをコピーしました