制服

AI作文

AIイラストアプリ picmoの宣伝

一応アフィリエイトをやりたいブログなので こんなことも書いてみます。 picmoとは、テキストを入力するだけでAIが画像やイラストを生成したり、画像や動画を高画質化したりできるサービスです。picmoでは、最新のAI技術を使って、あなたの想...
AI作文

壁の向こう

私はいつも、この壁の向こうに何があるのかを想像していた。壁には色とりどりの落書きが描かれていて、それぞれに物語があるように感じた。壁の一番上には、大きな文字で「FREEDOM」と書かれていた。自由とは何だろう。私は自由になりたいと思った。 ...
AI作文

Golden Melody

序章: 私の名前はエミリー・ハリス。 16歳の金髪の女子高生で、音楽が大好きな私はギターを弾くことが大好きです。 私の家族は音楽一家で、父はピアニスト、母はオペラ歌手です。 私も幼い頃から音楽に触れた影響で、音楽の道へ進むことを夢見ています...
AI作文

ドラゴンとの出会い

「ああ、もうダメだ。今日は絶対に遅刻しちゃう!」そう叫びながら、走り出したのは、高校二年生の小林美咲(こばやし みさき)だった。彼女は今朝、目覚まし時計をセットし忘れてしまい、寝坊してしまったのだ。慌てて支度を済ませて、大きな緑色のバッグを...
AI作文

カーテンの裏の秘密

彼女は音楽を聴くのが大好きな女の子だった。公園のベンチに座って、音楽に耳を傾けるのが彼女の日課だった。いつも同じベンチ、同じ木の下で、目を閉じて音楽に身を任せていた。ある日、彼女は木からかかっている赤いカーテンに気づいた。彼女は好奇心からカ...
AI作文

パーカーとスカート

ある日、男性のユウキは自分の好きな黒いパーカーと白いスカートを着て街に出かけた。彼はこの服装に自分らしさと自由さを感じていた。ユウキは音楽が大好きで、ギターを弾きながら歌うことが趣味だった。彼は路上パフォーマーとして活動しており、街の人々に...
AI作文

女子高生と入れ替わったらしい

彼は目覚めたときに、自分が女子高生の制服を着ていることに気づいた。彼は鏡を見て、自分の顔が見知らぬ女性の顔になっていることに驚愕した。彼は自分の名前を思い出そうとしたが、何も思い出せなかった。彼は部屋を見回したが、自分のものらしいものは何も...
AI作文

セーラー服を着た男子高校生の話

彼はセーラー服を着ていることに慣れていなかった。彼は男子高校生だったが、ある日、学校の文化祭で女装することになってしまった。彼はクラスメイトに無理やり選ばれたのだ。彼は断ろうとしたが、クラスメイトは聞く耳を持たなかった。彼らは彼の顔立ちが女...
AI作文

イラストだけ見てもらってAIが書いてくれた記事

学校生活の楽しみ方 こんにちは、私は高校2年生のさくらです。 今日は私の学校生活について少し紹介したいと思います。 私は埼玉県にある普通の公立高校に通っています。 制服はシンプルなデザインで、青と白の色合いが爽やかです。 私は制服が好きなの...
手書きの駄文

座るときは中身が見えないように注意

地べたに座るのって 自撮りするときくらいしかない気がするけど 普段の感じで座ったら 下着が見えてしまいます。 特に胡座かくと一発アウトですね。 なので、座るときはスカートを抑えて めくれないように座りましょう。 この体勢でも多分正面からはア...