制服

AI作文

春の花びら

桜の木の下で、彼女はぼんやりと空を見上げた。今日は卒業式の日だった。彼女はこれから先、どんな人生を歩むのだろうか。不安と期待が入り混じる気持ちで、彼女は自分の胸に手を当てた。そこには、ずっと隠してきた想いがあった。 彼女は同じクラスの彼が好...
AI作文

星空のカーテンの後ろで

私は舞台に立っていた。カーテンの隙間から、観客席には誰もいないことがわかった。今日はリハーサルの日だった。本番は明日だ。私はカーテンの後ろにある星空の背景を見上げた。これは私のお気に入りのシーンだった。私はこの星空の中に入りたいと思っていた...
AI作文

冬の朝の登校

雪が降りしきる朝、彼女は大きなバッグを持って家を出た。今日は学校の最終日だった。明日からは冬休みに入る。彼女は学校に行くのが好きだった。友達と話したり、先生から勉強したり、部活に参加したりするのが楽しかった。でも、今日は違っていた。今日は、...
AI作文

ピンクのハーモニー

彼女はいつもピンク色の世界に住んでいた。ピンク色の部屋、ピンク色の服、ピンク色のアクセサリー。ピンク色は彼女の好きな色だった。ピンク色は彼女に幸せと安心を与えてくれた。彼女は学校でもピンク色の存在だった。制服の下にピンク色のセーターを着たり...
AI作文

セーラー服の風

美咲は海辺に立っていた。顔はぼやけていたが、セーラー服ははっきりと見えた。白い縁と赤いリボンが風になびいていた。美咲は首輪をつかんでいた。まるでそれが美咲の唯一の支えだったかのように。美咲は健太を待っていた。健太は美咲の恋人だった。健太は美...
AI作文

変身の一歩

彼は自分の姿を鏡に映して、息をのんだ。制服姿の女子高生に変わっていた。スカートが風になびく感覚、リボンが首に結ばれている感触、髪が肩にかかっている重み。すべてが新鮮で、不思議で、興奮でいっぱいだった。彼はFaceAppというアプリを使って、...
AI作文

通学して朝の授業

私は学校へ行くために家を出た。今日は英語の発表がある。私は英語が得意だ。先生は私に優しかった。私は先生が好きだった。私は歩道を走って、信号を渡った。私は学校に早く着きたかった。早く着いたら、先生に会える。私はそれが嬉しかった。私は学校の門に...
AI作文

黄色い椅子の少女

私はいつもこの黄色い椅子に座っている。この椅子は私の唯一の友達だ。私はこの椅子と話すことができる。この椅子は私を裏切らない。この椅子は私を傷つけない。 私はこの学校に来てからずっと、この椅子に座っている。この学校は私にとって地獄だ。私はこの...
AI作文

寒さに耐える少女

彼女は毎日、学校へ行くためにこの道を歩いていた。冬になると、道は雪に覆われ、木々は葉を落としていた。彼女は制服の上にコートを着て、マフラーを巻いて、手袋をはめていたが、それでも寒さに震えていた。彼女は貧しい家庭の一人娘で、父親は病気で働けず...
AI作文

学校の日々(続き)

私は、教室の隅に座っていた。今日は、学級委員の選挙があった。私は、誰もが知っているあの子に一票を入れた。あの子は、いつもみんなのことを考えてくれる優しい子だった。私は、あの子のことが好きだった。でも、あの子は私のことなんて見てくれない。私は...
ことをフォローする