制服

AI作文

隠された顔【制服 コスプレ レプリカ】

ある晴れた日曜日、アミはいつものように公園を散歩していました。 彼女は緑豊かな木々の間を歩き、鳥のさえずりを聞きながら、心地よい風を感じていました。 しかし、その平穏は突如として終わりを告げます。 アミの前に現れたのは、鮮やかな黄色い背景に...
AI作文

無表情な時間【セーラー服 コスプレ】

学校の鐘が鳴り響く。午後の授業が始まる合図だ。 しかし、教室の一角に座る彼女にとって、それはただの背景音に過ぎなかった。 彼女の名前はユイ。 しかし、クラスメートたちは彼女を「顔なしのユイ」と呼んでいた。 なぜなら、彼女の顔は誰にも見えない...
AI作曲

CREEVOで音楽を作ってみた

こちらも無料で音楽が作れるので試してみました。 1.おまかせ作曲かデザイン作曲か選ぶ。 とりあえずおまかせでやってみました。 2.歌詞入力 これもまあ思い浮かぶままに 3.読み方を確認 ひらがなを確認しましょう。だいたい合ってる。 4.タイ...
AI作曲

AIソングメーカーで音楽を作ってみた。

AIソングメーカーっていう、ブラウザ上のサービスで ちょっと前に公開したイラストを元に 音楽を作ってみました♪ 無料のAIツールって増えてきてますね♪ この写真が↓の曲に この写真が↓の曲に なんか曲調一緒ですけどね♪ 他のも今後試してみる...
AI作文

セーラー服と秘密のキャップ【制服、コスプレ】

学園の裏庭には、古びた一軒の家が佇んでいた。 その家には、ある噂があった。 そこに住むのは、普通の学生ではなく、不思議な力を持つ少女だという。 彼女の名はミユキ。 いつもセーラー服を着て、頭には不思議なキャップをかぶっていた。ある日、ミユキ...
AI作文

ピンクの喜び【制服】

ある日、小さな村の端に住む少女、ミラは森の中で美しいピンク色の花を見つけました。 その花はまるで太陽の微笑みのようで、ミラは心から喜びました。 彼女は花を摘み、家に持ち帰りました。ミラは花を大切に育てました。 夜になると、花は輝き始め、部屋...
AI作文

瞑想のひととき【制服】

夕暮れの庭に佇む私は、静かな瞑想のひとときを楽しんでいた。 庭は花々で彩られ、風がそっと吹き抜けている。 私は木の下に座り、目を閉じた。 心の中で「瞑想」という言葉を繰り返すことなく、 ただただ静かに存在することに集中した。池のそばに立つと...
AI作文

始まりの調べ【制服】

春の息吹が、まだ冷たい窓ガラスを温かく撫でる頃、 小さな部屋の中で一人の女の子がいた。 彼女の名前はユイ。ユイには夢があった。それは、ギターを弾くこと。 しかし、彼女はまだ一度も弦を弾いたことがなかった。部屋の隅に置かれたギターは、まるで遠...
AI作文

メロディックな青春【制服、コスプレ、エレキベース】

緑色の光が教室を包み込む春の午後、風が窓を通り抜け、教室の中に新鮮な空気を運んできた。 壁に掛かる時計の針がゆっくりと動き、放課後の自由な時間が近づいていることを告げている。 教室の隅には、赤と白のエレキギターを手にした少女がいた。 彼女の...
AI作文

静寂の一瞬【セーラー服】

風が静かに吹き抜ける。学校の廊下は人の気配がなく、足音一つ響かない。 窓の外には、穏やかな青空が広がっていた。「また、あの夢を見たんだ」彼女は独り言を呟くように、傘を手にした。 赤と白の傘は、彼女の唯一の友だった。 彼女には、誰にも言えない...
AI作文

青春の一瞬【セーラー服】

朝の光が窓から差し込み、部屋は柔らかな光で満たされていた。 彼女は鏡の前に立ち、今日着る制服を見つめていた。 新学期が始まり、これから新しいクラスメートや先生と出会うことにわくわくしている。 彼女は制服を着て鏡を見つめる。 今日一日がどんな...
AI作文

朝の学生【ブレザー制服】

朝の光がまだ優しく、街を照らしている。空気は新鮮で、一日の始まりを感じさせる。アパートや家々の間を通り抜けて、学校へ向かう学生たちの姿が見える。その中には、一人の女子高生もいた。彼女は制服をきちんと着こなし、リュックを背負っていた。彼女の名...
AI作文

音楽と一緒に【セーラー服】

高校生の美咲は、いつも音楽と一緒にいた。彼女は学生寮で暮らしており、部屋には大きなステレオが置かれていた。毎晩、美咲は耳を澄ませ、音楽の魔法に身を委ねていた。ある日、美咲は学校の音楽コンテストに出場することを決意した。彼女は自分の歌声で人々...
AI作文

学校の罠【セーラー服】

私はいつものように学校に行った。白い制服を着て、髪を整えて、顔を洗って。でも、私の顔は誰にも見えない。私の顔はぼやけている。私の顔は消えている。私はなぜこんなことになったのかわからない。私はただ、学校で一番人気のある男の子に告白したかった。...
AI作文

春の花びら【セーラー服】

桜の木の下で、彼女はぼんやりと空を見上げた。 今日は卒業式の日だった。彼女はこれから先、どんな人生を歩むのだろうか。 不安と期待が入り混じる気持ちで、彼女は自分の胸に手を当てた。 そこには、ずっと隠してきた想いがあった。彼女は同じクラスの彼...
AI作文

星空のカーテンの後ろで【セーラー服】

私は舞台に立っていた。カーテンの隙間から、観客席には誰もいないことがわかった。 今日はリハーサルの日だった。本番は明日だ。私はカーテンの後ろにある星空の背景を見上げた。 これは私のお気に入りのシーンだった。 私はこの星空の中に入りたいと思っ...
AI作文

冬の朝の登校【セーラー服】

雪が降りしきる朝、彼女は大きなバッグを持って家を出た。 今日は学校の最終日だった。明日からは冬休みに入る。 彼女は学校に行くのが好きだった。 友達と話したり、先生から勉強したり、部活に参加したりするのが楽しかった。 でも、今日は違っていた。...
AI作文

ピンクのハーモニー【セーラー服】

彼女はいつもピンク色の世界に住んでいた。 ピンク色の部屋、ピンク色の服、ピンク色のアクセサリー。 ピンク色は彼女の好きな色だった。 ピンク色は彼女に幸せと安心を与えてくれた。彼女は学校でもピンク色の存在だった。 制服の下にピンク色のセーター...
AI作文

セーラー服の風【セーラー服】

美咲は海辺に立っていた。顔はぼやけていたが、セーラー服ははっきりと見えた。 白い縁と赤いリボンが風になびいていた。 美咲は首輪をつかんでいた。 まるでそれが美咲の唯一の支えだったかのように。美咲は健太を待っていた。 健太は美咲の恋人だった。...
AI作文

変身の一歩【制服、コスプレ】

彼は自分の姿を鏡に映して、息をのんだ。制服姿の女子高生に変わっていた。スカートが風になびく感覚、リボンが首に結ばれている感触、髪が肩にかかっている重み。すべてが新鮮で、不思議で、興奮でいっぱいだった。彼はFaceAppというアプリを使って、...
AI作文

通学して朝の授業【セーラー服】

私は学校へ行くために家を出た。今日は英語の発表がある。私は英語が得意だ。先生は私に優しかった。私は先生が好きだった。私は歩道を走って、信号を渡った。私は学校に早く着きたかった。早く着いたら、先生に会える。私はそれが嬉しかった。私は学校の門に...
AI作文

黄色い椅子の少女【セーラー服】

私はいつもこの黄色い椅子に座っている。この椅子は私の唯一の友達だ。私はこの椅子と話すことができる。この椅子は私を裏切らない。この椅子は私を傷つけない。 私はこの学校に来てからずっと、この椅子に座っている。この学校は私にとって地獄だ。私はこの...
AI作文

寒さに耐える少女【ブレザー制服】

彼女は毎日、学校へ行くためにこの道を歩いていた。冬になると、道は雪に覆われ、木々は葉を落としていた。彼女は制服の上にコートを着て、マフラーを巻いて、手袋をはめていたが、それでも寒さに震えていた。彼女は貧しい家庭の一人娘で、父親は病気で働けず...
AI作文

学校の日々(続き)【ブレザー制服、レプリカ】

私は、教室の隅に座っていた。今日は、学級委員の選挙があった。私は、誰もが知っているあの子に一票を入れた。あの子は、いつもみんなのことを考えてくれる優しい子だった。私は、あの子のことが好きだった。でも、あの子は私のことなんて見てくれない。私は...
AI作文

学校の日々【ブレザー制服、レプリカ】

私はいつも顔を隠している。 なぜなら、私は自分の顔が嫌いだからだ。 私は醜いと思っているし、他の人もそう思っていると感じる。 だから、私はグレーの四角い紙を切り取って、顔に貼り付けている。 それが私のマスクだ。私は学校に行くのが嫌いだ。 学...
AI作文

AIイラストアプリ picmoの宣伝

一応アフィリエイトをやりたいブログなので こんなことも書いてみます。 picmoとは、テキストを入力するだけでAIが画像やイラストを生成したり、画像や動画を高画質化したりできるサービスです。picmoでは、最新のAI技術を使って、あなたの想...
AI作文

壁の向こう【ブレザー制服】

私はいつも、この壁の向こうに何があるのかを想像していた。壁には色とりどりの落書きが描かれていて、それぞれに物語があるように感じた。壁の一番上には、大きな文字で「FREEDOM」と書かれていた。自由とは何だろう。私は自由になりたいと思った。 ...
AI作文

Golden Melody【ブレザー制服、エレキギター】

序章: 私の名前はエミリー・ハリス。 16歳の金髪の女子高生で、音楽が大好きな私はギターを弾くことが大好きです。 私の家族は音楽一家で、父はピアニスト、母はオペラ歌手です。 私も幼い頃から音楽に触れた影響で、音楽の道へ進むことを夢見ています...
AI作文

ドラゴンとの出会い【セーラー服】

「ああ、もうダメだ。今日は絶対に遅刻しちゃう!」そう叫びながら、走り出したのは、高校二年生の小林美咲(こばやし みさき)だった。彼女は今朝、目覚まし時計をセットし忘れてしまい、寝坊してしまったのだ。慌てて支度を済ませて、大きな緑色のバッグを...
AI作文

カーテンの裏の秘密【セーラー服】

彼女は音楽を聴くのが大好きな女の子だった。公園のベンチに座って、音楽に耳を傾けるのが彼女の日課だった。いつも同じベンチ、同じ木の下で、目を閉じて音楽に身を任せていた。ある日、彼女は木からかかっている赤いカーテンに気づいた。彼女は好奇心からカ...
古都礼奈をフォローする