AI作文

AI作文

新しい自分との出会い【TSF、入れ替わり、熟女】

大学生の翔太は、いつも通りの平凡な日々を過ごしていたが、ある日、隣に住む夏子さんから声をかけられた。「翔太君、ちょっと相談があるの。」夏子さんは落ち着いた雰囲気の中にも、どこか好奇心を秘めた目で翔太を見つめた。翔太は少し緊張しながらも、夏子...
AI作文

熟女メイドの入れ替わり大騒動【TSF、入れ替わり、熟女メイド】

おじさんの名前は鈴木。 彼は40代後半の独身男性で、毎日のルーチンワークに飽き飽きしていた。 ある日、友人に勧められて訪れたメイドカフェで、美しいメイドの香織と出会う。 香織は30代後半のメイドで、カフェの常連客からも人気があった。カフェで...
AI作文

異体同心【TSF、入れ替わり】

都内に住む大学生の中村健一は、日々の忙しさに追われていた。 友人との集まりで訪れたカフェで、一人の女性、山田彩花と偶然出会った。 彩花は明るく、笑顔が絶えない女性で、その魅力に健一は自然と引き寄せられた。カフェで話しているうちに、二人は意気...
AI作文

鏡の中の「綺羅」【女装】

鏡の前に座る綺羅(きら)は、ふわりとしたブロンドのウィッグを丁寧に整えた。 彼の本名は健太(けんた)だったが、この店で働くときは「綺羅」として知られていた。 豪華なドレスときらびやかなアクセサリーに身を包み、彼は夜の街に繰り出す準備をしてい...
AI作文

メイド喫茶の奥で【TSF、入れ替わり、熟女、メイド服】

裕也(ひろや)は、ごく普通の大学生だった。 日々の講義にバイト、そして少しの自由時間。それが彼の日常だった。 そんなある日、裕也は大学帰りに友人に誘われてメイド喫茶に立ち寄った。「ここ、結構評判いいんだよ」と友人の佐藤が言う。 裕也は興味半...
AI作文

鏡の向こう側【TSF、入れ替わり】

美しい夏の朝、森の中にある小さな湖のほとりで、アキラとサヤは出会いました。 アキラは都会から休暇で訪れた大学生で、一方、サヤはこの村に住む地元の高校生でした。 二人は初めて会ったとは思えないほどすぐに打ち解け、友達になりました。ある日、二人...
AI作文

異世界転生して入れ替わり【TSF、入れ替わり】

あの日、彼の人生は一変した。朝日が差し込む寝室で、健二は目を覚ました。 だが、目に映る光景はいつもの部屋ではなく、豪華なカーテンと上品なインテリアで飾られた見知らぬ場所だった。 混乱し、ベッドから飛び起きた彼は、自分の姿を鏡で見て驚愕した。...
AI作文

別視点で見た新たな世界【TSF,入れ替わり、女装】

20歳の大学生、田中一郎は、駅前の古い喫茶店でバイトをしていた。 ある日、常連客の一人である40代の美咲がいつもとは違う様子で店にやってきた。 美咲は一郎にとって親しい相談相手であり、彼女もまた一郎に好意を持っていた。美咲は一郎に話しかけた...
AI作文

鏡の呪い【TSF、入れ替わり、ウェディング】

小さな村に住むタケシは、婚約者であるアヤと結婚式の準備を進めていた。 ある夜、アヤの家の物置で古びた鏡を見つけたタケシは、その鏡に奇妙な魅力を感じて手に取った。 鏡に映った自分の姿がぼんやりと変わり始めたとき、突然のめまいがタケシを襲い、彼...
AI作文

不器用な指先【TSF、性転換】

ある朝、目覚めた僕は、鏡の前で困惑していた。 昨夜までの記憶がぼんやりとしている中、鏡に映るのは見慣れたはずの自分ではなく、 ピンクのリボンで結ばれたツインテールの女の子だった。 僕――いや、今の私は、どうやら女体化の現象に巻き込まれたらし...
AI作文

新たな視点での再出発【TSF、入れ替わり】

ある日、平凡な会社員である田中浩二は、図書館で古びた魔法の本を見つけた。 その本には「魂の入れ替わり術」と呼ばれる呪文が記されていた。 好奇心から浩二はその呪文を試してみることにした。「本当にこんなことができるのか?」浩二は半信半疑で呪文を...
AI作文

君と僕のシフトチェンジ【TSF、入れ替わり】

東京の大学に通う二十歳の若者、翔太と彼の彼女、綾音は、普通の学生生活を送っていた。 二人はお互いに深い愛情を持っており、一緒にいる時間を楽しんでいた。 しかし、最近、二人はお互いの生活や視点をもっと理解したいと感じるようになった。 特に、異...
AI作文

変わりゆく日常【TSF、性転換】

夏の終わり、静かな町の一角にある高校に通う一人の少年、佐藤健太(さとう けんた)は、いつものように自宅から学校へ向かっていた。 健太は特に目立つこともなく、平凡な高校生活を送っていた。 しかし、その日の朝、健太は何か特別な予感を感じていた。...
AI作文

娘の制服をこっそりと【コスプレ、熟女、制服】

田中家のリビングは、いつもと変わらぬ平和な空気に包まれていた。 母の美咲は、いつものように家事を終え、一息つこうと考えていた。 娘の遥香は学校に行っており、家には自分一人だけだということを確認すると、美咲はある計画を思い立った。「遥香の制服...
AI作文

夜の街に響く心の声【入れ替わり、女装、制服】

その日、夜の静けさが街を包んでいた。 昼間の喧騒とは打って変わって、街灯の薄明かりが通りを照らし出す中、佐藤先生は慎重に歩を進めていた。 30代の歴史教師である彼は、昼間は生徒たちに真面目な態度で接する教師だったが、夜になると自分だけの秘密...
AI作文

二つの願望【TSF、入れ替わり、セーラー服、熟女】

暖かな春の日差しが降り注ぐ中、桜の花びらが舞い散る街並みを歩く高校生の涼太(りょうた)は、心に秘めた一つの願望を持っていた。 それは、女装に対する強い興味だった。 彼はその気持ちを誰にも話せず、日々悩んでいた。ある日、涼太は学校帰りに近所の...
AI作文

2度と戻れない【TSF、入れ替わり】

高橋翔は普通の高校生だった。 夏休みの最終日、彼は海辺の町を一人で散策していた。 日が沈みかけた空の下、彼は静かな海を眺めながら、これからの新学期に向けての不安や期待を胸に抱いていた。その時、海辺の岩陰から一人の少女が現れた。 彼女は長い髪...
AI作文

秘密の放課後【女装、制服、男女逆転】

佐藤直人は、クラスの人気者である高橋真希から突然呼び出された。 直人はいつも彼女に憧れていたが、特に話す機会もなく、なぜ自分が呼ばれたのか不思議だった。 真希の提案を聞いて驚いた。 彼女は学校の文化祭の劇で男装することになっており、その逆で...
AI作文

鏡に映るもう一人の私【TSF、変身、ワンピース】

日差しが暖かく感じられる春のある日、翔太は近所の古びた雑貨屋を訪れた。 彼は以前からこの店の不思議な雰囲気に興味を抱いていた。 店内に足を踏み入れると、埃っぽい空気が漂い、何とも言えない懐かしさを感じた。 店主の老婦人が優しい笑顔で迎えてく...
AI作文

永遠の花魁【TSF、タイムスリップ、R-18】

彼の名前は田中一郎、高校生だった。 普通の学校生活を送っていた彼が、ある日、突然の事故に巻き込まれ、気がつくと見知らぬ場所に立っていた。 周囲を見渡すと、そこはどうやら江戸時代の遊郭らしき場所だった。「ここはどこだ…?」混乱する一郎の前に、...
AI作文

母になった息子【TSF、入れ替わり、熟女、セーラー服】

高校生の佐藤健太は、ある休みの朝目を覚ますと、自分の部屋でなく見覚えのある母親の寝室にいた。 驚いて鏡を見ると、そこに映っていたのは母の美奈子だった。 「なんで俺が母さんの身体に?」健太は混乱しながらも冷静になろうとした。 そのときドアがノ...
AI作文

突然の花嫁【ウェディング、女装、男女逆転】

秋の爽やかな風が吹き抜ける午後、私は大きな鏡の前でウェディングドレスをまとっていた。 その姿を見つめる自分自身が信じられない気持ちでいっぱいだった。 数週間前までは、ごく普通の男性として生活していたのに、今や美しい花嫁として結婚式の準備をし...
AI作文

夏祭り【若干強制女装、浴衣】

今日は気が向いたのでもう一本 健太(けんた)は、友人たちと地元の夏祭りを楽しむ予定だったが、その夜はいつもと少し違っていた。 彼の親友、美咲(みさき)は健太に驚きの提案をしたのだ。「ねえ健太、今年の夏祭り、一緒に浴衣を着て行こうよ。でも、ち...
AI作文

まぼろしの変身【変身、普段着で】

ある晩、小さな町の片隅に住む10歳の少年、タクミは、母親の部屋から洋服を こっそり借りてきて、試着してみることに決めた。 彼は母親の洋服に興味を持ち、その魅力に引き込まれた。 夜が更けるにつれて、彼は母親のドレッサーから一着の服を借り出し、...
AI作文

ブレスレット~少女に変わった僕の冒険~【TSF、私服】

高橋翔太はごく普通の高校生だった。 クラスでは目立たない存在で、特に興味を引くような特技もない。 そんな彼がある日、友人の加藤に誘われて訪れた古い骨董品店で、不思議なブレスレットを見つけた。「これ、ちょっとかっこいいかも」と翔太はブレスレッ...
AI作文

共に歩む道【TSF系小話、メイド服】

普段は地味なサラリーマンの太郎は、ある日突然、ネコ耳メイドの可愛らしい女の子、ミミと身体を入れ替えられてしまった。 困惑しながらも、彼は女性用の衣服に身を包んで、新たな仕事としてウェイトレスとして働くことになった。最初の数日間は、太郎は女性...
AI作文

男になった【TSF系小話、セーラー服】

田中優奈は普通の女子高生だった。 しかし、ある朝、目を覚ますと、彼女の身体は突然変わってしまっていた。 顔はそのままなのに、身体が完全に男のものになっていたのだ。 パニックに陥った優奈は、何が起こったのか理解できず、鏡の前で途方に暮れていた...
AI作文

魔導書の呪い:涼太の変身【コスプレ制服、TSF小話】

突然の目眩に襲われ、涼太は目を開けると、知らない部屋にいた。 見覚えのない緑の絨毯の上に膝をついていた。 さらに、視界に入ってきた自分の姿に驚愕した。 目の前に見えるのは、制服姿の女の子の身体。 その身体が自分だと気づいた瞬間、涼太の頭はパ...
AI作文

永遠の変身【コスプレ制服、TSF小話】

高校生の翔太は、友人の誠と放課後に教室で談笑していた。 教室には他に誰もいなかった。 彼らは、誠が持ってきた奇妙な大きなピンクの風船について話していた。「誠、この風船どこで手に入れたんだ?」と翔太が尋ねる。「友達がくれたんだけど、なんか魔法...
AI作文

メイドの瞳に映るもの【メイド服】

その日、僕――田中翔太は、ごく普通の大学生だった。 友人の誘いで訪れた秋葉原のメイドカフェ、そこで奇妙な出来事が起こるまでは。カフェに入った瞬間、目に飛び込んできたのは、金髪で可愛らしいメイドだった。 彼女は他のメイドとは一線を画す美しさで...