AI作文

AI作文

2度と戻れない退屈な日々【TSF、入れ替わり】

田中一郎は、35歳の普通のサラリーマンだった。 毎日の単調な生活に嫌気がさしていた彼は、ある日、会社の帰り道に立ち寄った神社で「新しい人生を送りたい」と願い事をした。 その神社は、町の外れにひっそりと佇んでいた。翌朝、目が覚めると、彼は見知...
AI作文

傘の下の秘密【女装】

小さな町の公園には、毎日のように訪れる一人の青年がいた。 彼の名前は大樹(だいき)といい、見た目は普通の青年だったが、彼には誰にも言えない秘密があった。 それは、女装が好きであることだった。大樹は、小さい頃から女性の服やアクセサリーに興味を...
AI作文

地味女子の大変身【TSF、入れ替わり】

今回だけ章立てにして書いてみました。 #### 1. 奇妙な出来事高校2年生の佐藤大樹は、どこにでもいる普通の男子だった。 彼の生活は平凡で、特にこれといった趣味もなく、毎日を無難に過ごしていた。 彼のクラスには藤原麻衣という女子がいた。 ...
AI作文

冷酷な奉仕【R-18、TSF、入れ替わり、熟女】

※今回はイラスト無しです。 昨日の話の後日談ですが、R-18のダークな話なので読む方はご注意を。 健一は玲子の豪邸の一室で、鏡に映る自分の姿を見つめていた。 そこには、熟れた玲子の身体を持つ自分が、豪華なレースの下着に身を包んで立っていた。...
AI作文

運命の取引き【TSF、入れ替わり、熟女】

健一は、若いながらも多額の借金に追われる生活を送っていた。 親の借金を肩代わりし、自らも失敗続きの事業で負債を重ねた結果、彼の未来は真っ暗だった。 朝起きるとまず確認するのは、積み重なった督促状と通帳の残高。毎日が絶望に包まれていた。 「ど...
AI作文

転生の秘密【TSF、変身】

秋の夕暮れ、大学生の田中光太は帰り道の途中で見知らぬ女性に出会った。 彼女は黒い髪に大きな瞳を持ち、どこか神秘的な雰囲気を纏っていた。 「ごめんなさい、道を聞いてもいいですか?」彼女は微笑みながら尋ねた。 「もちろん、どこに行きたいんですか...
AI作文

夏祭りの運命交換【TSF、入れ替わり、着物】

田中春人(たなかはると)は普通の高校生だった。 勉強も運動もそこそこ、特に目立つこともなく、平凡な日々を送っていた。 そんな彼の夏休みの一大イベントは、地元の夏祭りだった。 毎年、友人たちと一緒に屋台を巡り、花火を楽しむのが恒例行事になって...
AI作文

可憐なロリータ男子【女装、ロリータ】

午後の日差しが優しく差し込む部屋で、淡い紫色のクッションに身を預けたアユムは微笑んでいた。 彼の長い金髪は優雅に波打ち、ピンクのリボンと白いレースが彼の美しさを引き立てている。 アユムの笑顔はまるで絵画のように完璧だったが、その微笑みの裏に...
AI作文

新たな体、新たな道【TSF、入れ替わり】

悠斗は重いまぶたをゆっくりと開け、見慣れない天井に違和感を覚えた。 手を伸ばして顔をこする。 しかし、その手は自分のものではなかった。 スベスベで小さく、指先が繊細だった。「これは…どうなってるんだ?」驚いて体を起こすと、鏡に映ったのは、ま...
AI作文

ロックの衣に纏われて【TSF、変身、着物、着崩し】

ある日の夜、バンド「スカーレットクロウ」のボーカリスト、翔(しょう)は、ライブの準備をしていた。 翌日の大きなライブを控え、緊張と興奮が入り混じる中、彼は一風変わった着物の女性のイラストを見つけた。 イラストに描かれた彼女の姿は、美しくも力...
AI作文

異世界への移住【TSF、入れ替わり、メイド】

高橋和也は普通の大学生だった。 日々の忙しさに追われながらも、友人たちとの時間を楽しみ、将来の夢を追いかける平凡な生活を送っていた。 そんなある日、彼は友人の誘いで訪れたメイド喫茶で、奇妙な体験をすることになる。「和也、ちょっとこっちに来て...
AI作文

願いの代償【TSF、入れ替わり、制服】

一人の男性、裕也は常に女性になりたいという願望を抱いていた。 ある日、彼はふとしたきっかけで出会った占い師のおばさん、麗華にその願いを打ち明けた。 麗華はニヤリと笑い、「その願い、叶えてあげるわ。ただし、私の身体と交換することになるけどね。...
AI作文

変身の午後【TSF、変身】

静かな午後、ある小さな町の一角にある古びた喫茶店で、一人の男性が静かにコーヒーを飲んでいた。 彼の名は高橋陽介、35歳の普通のサラリーマンだ。 日々の忙しさに追われる中、たまの休みにはこの喫茶店で過ごすのが彼の楽しみだった。 しかし、今日は...
AI作文

魔女のおまじない【TSF、入れ替わり、セーラー服、熟女】

町外れの古びた家に住む近所のおばさん、桜井美代子(45歳)は不思議な力を持っていると噂されていた。 誰も彼女が本当に魔法を使えるとは信じていなかったが、ある日、男子高校生の田中一郎(17歳)はその噂を確かめるべく、美代子の家を訪れた。「おば...
AI作文

悪夢の中で絶望、未知の世界への順応【TSF、入れ替わり】

朝の光が差し込む部屋で、田中健太は目を覚ました。頭が重く、何かが違うと感じる。 いつもと違うベッドの感触、異なる部屋の装飾、そして自分の身体がいつもと違うことに気づいた。 鏡を見ると、そこにはやや見慣れた女性の顔が映っていた。 驚愕しながら...
AI作文

不思議な出会い【TSF、入れ替わり】

風が強く吹くある日、田中勇也は公園のベンチに座っていた。 休日の午後、リラックスするために散歩に出かけていたが、思考は次のテストのことばかりだった。 突然、風に舞う桜の花びらの中から、一人の少女が現れた。 彼女は猫耳をつけた可愛らしいロリー...
AI作文

夏の縁日で【普通のお話】

夏の夕暮れ、太陽が西の空に沈みかけ、空は美しい橙色に染まっていた。 ここは日本の地方の小さな町。 毎年この時期になると、町中が賑やかな縁日の準備に忙しくなる。 今年も例外ではなく、町の広場には色とりどりの屋台が並び、人々の楽しげな声が響いて...
AI作文

アヤの休息とクマ太郎の社会生活【入れ替わり、ぬいぐるみ】

森の奥深くに、静かに佇む古びた家がありました。 その家に住むのは、いつも疲れ切った表情をしている女性、アヤです。 アヤは毎日の忙しい仕事や家事に追われ、心身ともに疲れ果てていました。 唯一の慰めは、幼い頃から大切にしているくまのぬいぐるみ、...
AI作文

身体が変わったのに?【入れ替わり、制服、熟女】

ある日の朝、田中家では奇妙な出来事が起きた。 母の彩香(40歳)と娘の美咲(17歳)が目覚めた瞬間、お互いの身体が入れ替わっていることに気づいた。 最初は夢だと思ったが、現実であることを認識するのに時間はかからなかった。「お母さん、どうしよ...
AI作文

持ち逃げメイド【TSF、入れ替わり、メイド服】

夕暮れ時、古い石畳の通りを歩いていた私は、一軒の喫茶店の前で足を止めた。 「メイドカフェ・ルージュ」というその店は、最近町で評判の場所だった。 入口のドアには「本日限定、新作ビール提供中」と書かれた看板が立てかけられていた。「ちょっとだけ寄...
AI作文

兄妹が入れ替わって楽しむ話【TSF、入れ替わり、メイド服】

ある日の朝、楓(かえで)は妹の結衣(ゆい)のメイド服を見つめながら思案していた。 彼はずっとメイド服を着てみたいという願望を秘めていたが、もちろんそのままではできるはずもなかった。 ある日、魔法の本を偶然手に入れた彼は、ある計画を思いついた...
AI作文

変化と友情【TSF、性転換】

その間に、彼女は徐々に新しい生活に適応していった。彼が女性になったのは、ある春の日だった。 美咲が女性としての生活を始めてから、もう三年が経とうとしていた。 その日、彼女は何気ない日常の一部を思い返していた。 元の名前、彼の記憶は霞のように...
AI作文

変わり果てた日常【TSF、熟女、入れ替わり、セーラー服】

直人は普通の会社員だった。 毎日定時に会社に行き、帰りは近くの居酒屋で同僚たちと軽く一杯。 その平凡な日々に特別な不満はなかったが、特別な楽しみもなかった。 そんなある日、友人の健太からコンセプトバーへの誘いを受けた。「直人、今度の週末、面...
AI作文

夏祭りの夜【女装、浴衣】

夏の夜、町は提灯の灯りで賑やかに彩られていた。 高校生の拓也(たくや)は、友人たちと夏祭りを楽しむために神社の境内へ向かっていた。 友人たちとの会話が盛り上がる中、拓也の目は人混みの中で一人の美しい浴衣姿の少女に留まった。 彼女の姿はまるで...
AI作文

男子高校生の暴走【TSF、セーラー服、熟女、入れ替わり】

佐藤恵子の部屋で、高校生の田中太一は緊張しながら座っていました。 いつもは近所のおばさんとして親しくしていた恵子と、こんなに長い時間二人きりで過ごすのは初めてです。「太一君、今日はどうしたの?」恵子は笑顔で問いかけました。「ええと、特に理由...
AI作文

ロリータの逆転劇【TSF、入れ替わり】

隆は普通の大学生だ。 毎日授業を受け、バイトをし、時々友達と遊ぶという平凡な日々を送っている。 しかし、その平凡さが大きく崩れる日が来た。その日は、大学の帰り道だった。 電車に揺られながら、スマホでゲームをしていた隆は、突然視界が暗転するの...
AI作文

新しい自分、新しい人生【TSF、入れ替わり】

佐藤健太(さとうけんた)は新入社員として毎日忙しく働いていた。 会社でのプレッシャーと仕事量に押し潰されそうになりながら、彼は疲れ果てていた。 そんなある日、彼は友人の紹介で知り合った秋山美咲(あきやまみさき)という女性と会うことになった。...
AI作文

チャイナドレスが導いた新たな自分【女装】

「一度くらい、試してみてもいいんじゃない?」その提案は、友人の美咲からだった。 大学の文化祭で行われる女装コンテストに、どうしても参加してほしいというのだ。 彼女の目は真剣で、断ることができない雰囲気だった。僕の名前は高橋直人、22歳の大学...
AI作文

鏡の中の彼と彼女【TSF、入れ替わり】

彼の名前は健太。大学二年生で、普通の学生生活を送っていた。 ある日、キャンパス内の古本市で、一冊の古びた本が目に留まった。 その本は金色の縁取りが施され、何か不思議な力を感じさせるものだった。一方、彼女の名前は彩花。 彼女も同じ大学に通う学...
AI作文

母と娘の1日交換【入れ替わり】

朝の光がカーテンの隙間から差し込み、娘の美咲は目を覚ました。 前夜、憧れのお母さんのようになりたくて、こっそり試したおまじないが効いたのだろうか。 ベッドから起き上がり、洗面所に向かうと、鏡に映ったのは確かに母の姿だった。「えっ…ほんとにお...
古都礼奈をフォローする