AI作文

AI作文

顔のない少女

彼女は顔がなかった。それは生まれつきのものではなく、ある日突然起こったことだった。彼女は朝、いつも通りに学校に行こうとした。制服を着て、髪を整えて、鏡の前に立った。すると、鏡に映ったのは、顔のない少女だった。目も鼻も口もなく、ただ白い肌がぼ...
AI作文

桜の花びら

彼女は着物を着て、桜の木の下に立っていた。彼女の顔はぼやけていたが、彼女の目は澄んでいた。彼女は自分の人生を振り返っていた。幼い頃から、彼女は美しくて賢くて才能があると言われてきた。彼女は学校で優秀な成績を収め、多くの賞を受賞した。彼女は社...
AI作文

川辺の赤い夢

彼女は橋の上で立ち止まった。 川の流れを見つめながら、彼のことを思い出した。 彼と出会ったのは、まさにこの場所だった。 偶然にも同じ電車に乗っていた二人は、降りる駅で目が合った。 彼は笑顔で声をかけてきた。 彼女は戸惑いながらも、彼の優しさ...
AI作文

誰でもない

彼は車の中で目を閉じた。彼の頭には帽子がかぶっていたが、それは彼の顔を隠すためではなかった。彼はただ、太陽の光が眩しすぎるのを避けたかっただけだ。彼は車のシートにもたれかかり、ひざの上に置いたバッグを握りしめた。バッグの中には、彼が今までに...
AI作文

雨の夜の出会い

私は雨の夜に彼に出会った。私は仕事帰りに傘を忘れてしまい、濡れながら歩いていた。彼は私の前に現れて、黒い傘を差し出した。「どうぞ、使ってください」彼はそう言って笑った。彼は青いドレスと帽子を着ていて、とてもおしゃれだった。私は驚いて彼を見た...
AI作文

剣と猫と魔法の世界

今日の写真はメイクが濃くて顔分からないしモザイクいらないです。私は死んだ。車に轢かれて、あっという間に命を落とした。死んだら何もないと思っていたけど、違った。私は異世界に転生したのだ。目が覚めると、私は森の中にいた。身につけているのは緑と赤...
AI作文

さくらゆきの恋物語

さくらは今日も一人で部屋にこもっていた。彼女は学校に行きたくなかった。クラスメートからいじめられたり、先生から叱られたりするのが嫌だった。彼女は本を読んだり、音楽を聴いたり、絵を描いたりして時間を過ごした。彼女は絵がとても上手だった。彼女は...
AI作文

記憶消去プロジェクト

彼女は名前を忘れていた。彼女は自分が何者なのかもわからなかった。彼女はただ、この街に住んでいるということだけを知っていた。この街は、水と光に満ちた未来都市だった。高層ビルが空にそびえ立ち、水面に映る青と灰の色彩が美しいコントラストを作ってい...
AI作文

カーテンの裏の秘密

彼女は音楽を聴くのが大好きな女の子だった。公園のベンチに座って、音楽に耳を傾けるのが彼女の日課だった。いつも同じベンチ、同じ木の下で、目を閉じて音楽に身を任せていた。ある日、彼女は木からかかっている赤いカーテンに気づいた。彼女は好奇心からカ...
AI作文

凍結された夢

彼女は、夢を見ていた。それは、とても美しい夢だった。彼女は、自分の好きな人と一緒にいた。彼女は、彼に優しく微笑んでいた。彼は、彼女に抱きしめてくれた。彼女は、幸せだった。しかし、その夢は突然終わった。彼女は、目を覚ました。周りには何もない。...