※本ブログはアフィリエイト広告を利用しています。

風に舞う

AI作文
この記事は約2分で読めます。

彼女は風に舞うように歩いた。彼女の長い髪は青い空に映えて、彼女の顔は見えなかった。

彼女は白いブラウスと黒いスカート、そして紫と白の靴を履いていた。

彼女はどこへ行くのだろうと、周りの人々は不思議に思った。

彼女は自分の目的地を知っているのだろうか。

彼女は知っていた。彼女は風に導かれていた。彼女は風の声を聞いていた。

風は彼女に話しかけていた。風は彼女に教えてくれた。風は彼女に力を与えてくれた。

彼女は風の友だった。

彼女は風の友になったのは、ずっと前のことだった。彼女は孤独な少女だった。

彼女は家族も友達もなかった。彼女はいじめられたり、無視されたり、嘲笑されたりした。

彼女は誰にも愛されなかった。彼女は自分の存在に意味があるのかと疑問に思った。

ある日、彼女は学校から帰る途中で、風に呼ばれた。彼女は風のささやきを聞いた。

風は彼女に優しく語りかけた。風は彼女に自分の名前を教えてくれた。

風は彼女に自分の秘密を明かしてくれた。

風は彼女に自分の友達になってほしいと頼んだ。

彼女は風に応えた。彼女は風に感謝した。彼女は風に笑った。

それからというもの、彼女は風と一緒にいた。彼女は風と話した。

彼女は風と遊んだ。彼女は風と学んだ。彼女は風と夢見た。

彼女は風と幸せになった。彼女は風に愛された。彼女は風を愛した。

彼女は風と一緒に旅をした。彼女は風に連れられて、世界中の色々な場所を見た。

彼女は風に教えられて、世界中の色々なことを知った。

彼女は風に感動させられて、世界中の色々な美しさを感じた。

彼女は風に刺激されて、世界中の色々な冒険をした。

彼女は風に導かれて、世界中の色々な人々に出会った。

彼女は風と一緒に歩いた。彼女は風に舞うように歩いた。

彼女の長い髪は青い空に映えて、彼女の顔は見えなかった。

彼女は白いブラウスと黒いスカート、そして紫と白の靴を履いていた。

彼女はどこへ行くのだろうと、周りの人々は不思議に思った。

彼女は自分の目的地を知っていた。彼女は風の友だった。

ファンタジーっぽい感じだし

不思議ちゃん属性入ってそうだな。

おまけで、ウマ娘もどきが出来たのでそのイラストも

このブログで契約している有料サーバーはこちら
こちらもおすすめです。クリックして見てみて下さい。
女装を始めるなら洋服はこちらで、彼女へのプレゼントにもいいですよ。
上質な記事を自動生成したいなら。文才のない私には欠かせません。
画像の元ネタが無い人へ、無から有を作りましょう。

読んで頂きありがとうございますm(_ _)m

気に入ってもらえたらクリックお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ

趣味・ホビーランキング

AI作文

↓Xとかインスタとか、良ければ転載してください。無許可でOKです♪

シェアする
古都礼奈をフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました