※本ブログはアフィリエイト広告を利用しています。

顔のない女の絶望

AI作文
この記事は約2分で読めます。

彼女は、自分の顔が見えないことに気づいた。

鏡の前に立っているはずなのに、鏡に映るのは、黒と金の着物に赤い帯、華やかな髪飾りに花を散りばめた髪型、それだけだった。

顔は、白い背景に黒い筆の跡が残るように、ぼやけて消えていた。

彼女は、自分の顔を思い出そうとした。どんな目をしていたか、どんな鼻をしていたか、どんな口をしていたか。

しかし、どうしても思い出せなかった。自分の顔が、まるで存在しなかったかのように、記憶から抹消されていた。

彼女は、恐怖に震えた。自分は誰なのか、どこにいるのか、何をしているのか。

彼女は、鏡から目を離して、周りを見回した。部屋は、彼女が着ている着物と同じ色調で飾られていた。壁には、彼女の顔がぼやけたイラストが何枚も飾られていた。机には、筆と墨と紙が置かれていた。

彼女は、机に近づいて、紙に書かれた文字を読んだ。

「あなたは、私の作品です。私は、あなたの顔を描くことができません。あなたの顔は、私の想像力の中にしかありません。あなたは、私の想像力の中で生きています。あなたは、私の想像力の中で死にます。」

彼女は、紙を手に取って、裏を見た。そこには、署名があった。

「作:白井黒子」

彼女は、その名前に覚えがあった。有名なイラストレーターで、和風のホラーを得意とする人だった。彼女は、その人の作品を見たことがあった。その人の作品には、いつも顔がぼやけた女性が登場した。

彼女は、紙を落として、叫んだ。

「私は、あなたの作品じゃない!私は、本物の人間だ!私は、自分の顔を見たい!」

彼女は、鏡に向かって、自分の顔を探した。しかし、鏡に映るのは、顔のない着物姿の女性だけだった。

彼女は、涙を流した。しかし、涙も顔も見えなかった。

白井黒子ってとある科学の超電磁砲じゃねえか。

私は初春が好きです。

このブログで契約している有料サーバーはこちら
こちらもおすすめです。クリックして見てみて下さい。
女装を始めるなら洋服はこちらで、彼女へのプレゼントにもいいですよ。
上質な記事を自動生成したいなら。文才のない私には欠かせません。
画像の元ネタが無い人へ、無から有を作りましょう。

読んで頂きありがとうございますm(_ _)m

気に入ってもらえたらクリックお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
趣味・ホビーランキング

AI作文
シェアする
ことをフォローする
女装写真をイラストに

コメント

タイトルとURLをコピーしました