※本ブログはアフィリエイト広告を利用しています。

静寂の一瞬

AI作文
この記事は約2分で読めます。

風が静かに吹き抜ける。学校の廊下は人の気配がなく、足音一つ響かない。

窓の外には、穏やかな青空が広がっていた。

「また、あの夢を見たんだ」

彼女は独り言を呟くように、傘を手にした。

赤と白の傘は、彼女の唯一の友だった。

彼女には、誰にも言えない秘密があった。

それは、夢の中で見る不思議な世界のこと。

そこでは、彼女は自由に空を飛び、どこへでも行けた。

しかし、現実は違った。彼女は、いつも一人ぼっちだった。

「今日も、一人か」

彼女は傘を差し、校門を出た。

いつもの道を歩きながら、彼女は考える。

なぜ、自分は一人なのか。

なぜ、誰も自分に気づかないのか。

その答えは、彼女が持つ特別な力にあった。

彼女は、人々の心を読むことができた。

だからこそ、彼女は人々の本音を知りすぎてしまい、距離を置かれてしまうのだった。

「でも、もう大丈夫」

彼女は微笑む。なぜなら、彼女は自分の力を受け入れ、それを使って人を助けることにしたからだ。

彼女は、自分の力を恐れるのではなく、それを使って世界を少しでも良くすることを決意した。

「今日から、新しい私でいよう」

彼女はそう決心し、歩を進める。

傘を差した彼女の後ろ姿は、まるで絵画のように美しかった。

そして、彼女の周りには、見えない力が満ちていた。

それは、彼女がこれから歩む道を照らす光だった。

私が人の心を読めるなら

とりあえず麻雀やってくるかな?

このブログで契約している有料サーバーはこちら
こちらもおすすめです。クリックして見てみて下さい。
女装を始めるなら洋服はこちらで、彼女へのプレゼントにもいいですよ。
上質な記事を自動生成したいなら。文才のない私には欠かせません。
画像の元ネタが無い人へ、無から有を作りましょう。

読んで頂きありがとうございますm(_ _)m

気に入ってもらえたらクリックお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ

趣味・ホビーランキング

AI作文

↓Xとかインスタとか、良ければ転載してください。無許可でOKです♪

シェアする
古都礼奈をフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました