※本ブログはアフィリエイト広告を利用しています。

静寂に座す

AI作文
この記事は約2分で読めます。

彼女はいつも同じ場所に座っていた。木製のスツールに腰掛け、壁にもたれかかり、目を閉じていた。彼女の顔は灰色の四角で隠されていた。誰も彼女の素顔を知らなかった。彼女は何を考えているのだろうか。彼女は何を感じているのだろうか。彼女は誰なのだろうか。

彼女の周りには人々が行き交っていた。彼女の存在に気づいても、無視するか、好奇心で見つめるか、嘲笑するかのどれかだった。彼女はそれらに一切反応しなかった。彼女は自分の世界に閉じこもっていた。彼女は静寂を求めていた。

ある日、彼女の隣に一人の少年が座った。少年は彼女に話しかけようとしたが、彼女は無言で首を振った。少年はしばらく彼女を見つめていたが、やがて立ち去った。彼女は少年のことを忘れた。彼女は静寂に戻った。

翌日、少年はまた彼女の隣に座った。少年は彼女に何かを渡そうとしたが、彼女は手を払った。少年はしばらく彼女を見つめていたが、やがて立ち去った。彼女は少年のことを忘れた。彼女は静寂に戻った。

その次の日、少年は再び彼女の隣に座った。少年は彼女に何かを聞こうとしたが、彼女は目を閉じた。少年はしばらく彼女を見つめていたが、やがて立ち去った。彼女は少年のことを忘れた。彼女は静寂に戻った。

しかし、少年は諦めなかった。少年は毎日彼女の隣に座り続けた。少年は彼女に話しかけたり、何かを渡したり、何かを聞いたりした。少年は彼女に笑顔を見せたり、涙を流したり、怒ったりした。少年は彼女に自分のことを教えたり、彼女のことを知りたいと言ったりした。少年は彼女に友達になろうと言ったり、一緒に遊ぼうと誘ったりした。

少年は彼女の静寂を壊そうとした。

彼女は少年のことを忘れられなくなった。彼女は少年の声を聞いた。彼女は少年の姿を見た。彼女は少年の感情を感じた。彼女は少年の名前を知った。彼女は少年の友達になった。彼女は少年と遊んだ。

彼女は少年のことを好きになった。

彼女は自分の顔を見せたいと思った。彼女は灰色の四角を外そうとした。彼女は少年に自分の素顔を見せたいと言った。少年は驚いた。少年は怖がった。少年は逃げた。

彼女は少年を失った。

彼女は再び同じ場所に座った。木製のスツールに腰掛け、壁にもたれかかり、目を閉じた。彼女の顔は灰色の四角で隠されていた。誰も彼女の素顔を知らなかった。彼女は何も考えなかった。彼女は何も感じなかった。彼女は誰でもなかった。

彼女は静寂に座った。

結局別れるのか。

少年には手を出せないね。

このブログで契約している有料サーバーはこちら
こちらもおすすめです。クリックして見てみて下さい。
女装を始めるなら洋服はこちらで、彼女へのプレゼントにもいいですよ。
上質な記事を自動生成したいなら。文才のない私には欠かせません。
画像の元ネタが無い人へ、無から有を作りましょう。

読んで頂きありがとうございますm(_ _)m

気に入ってもらえたらクリックお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ

趣味・ホビーランキング

AI作文

↓Xとかインスタとか、良ければ転載してください。無許可でOKです♪

シェアする
古都礼奈をフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました