※本ブログはアフィリエイト広告を利用しています。

青春の一瞬

AI作文
この記事は約1分で読めます。

朝の光が窓から差し込み、部屋は柔らかな光で満たされていた。

彼女は鏡の前に立ち、今日着る制服を見つめていた。

新学期が始まり、これから新しいクラスメートや先生と出会うことにわくわくしている。

彼女は制服を着て鏡を見つめる。

今日一日がどんな風に過ぎるか想像しながら。

学校へ向かう道中、彼女は昨年までの自分とは違う新しい自分を感じ取っていた。

成長した自分、夢中になれる何かを見つけた自分。

それはまさに青春の一瞬だった。

学校に着くと、彼女は教室に入る前に廊下で立ち止まった。

彼女の目に飛び込んできたのは、隣のクラスの男子生徒だった。

彼は彼女に気づいて微笑んだ。

彼女はその笑顔にドキッとした。

彼は彼女のことを知っているのだろうか。

彼女は彼のことを知っているのだろうか。

彼女は勇気を出して彼に声をかけた。

「こんにちは。あの、私、あなたのことを…」

彼は彼女の言葉を遮って、彼女の手を取った。
「僕も、君のことを…」

彼は彼女を教室に連れて行った。

彼女は彼の手の温もりに心が高鳴った。

彼女は彼のことを好きだった。

彼も彼女のことを好きだった。

それはまさに青春の一瞬だった。

このブログで契約している有料サーバーはこちら
こちらもおすすめです。クリックして見てみて下さい。
女装を始めるなら洋服はこちらで、彼女へのプレゼントにもいいですよ。
上質な記事を自動生成したいなら。文才のない私には欠かせません。
画像の元ネタが無い人へ、無から有を作りましょう。

読んで頂きありがとうございますm(_ _)m

気に入ってもらえたらクリックお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ

趣味・ホビーランキング

AI作文

↓Xとかインスタとか、良ければ転載してください。無許可でOKです♪

シェアする
古都礼奈をフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました