※本ブログはアフィリエイト広告を利用しています。

雪の中のぬいぐるみ

AI作文
この記事は約2分で読めます。

彼女は白い熊のぬいぐるみを抱きしめて、窓から雪景色を眺めた。このぬいぐるみは、彼女が小さい頃に祖母からもらったものだった。祖母は今は亡くなってしまったが、彼女はいつもこのぬいぐるみを大切にしていた。

彼女は今日、初めてのデートに行くはずだった。彼はネットで知り合った人で、写真ではとてもかっこよく見えた。彼女はドキドキしながら、着物を着て準備をした。着物は祖母が残してくれたもので、彼女はそれを着ることで祖母の応援を感じた。

しかし、彼からのメールは来なかった。待ち合わせの時間になっても、連絡はなかった。彼女は心配になって、彼に電話をかけたが、留守電になった。彼女は涙がこぼれそうになったが、我慢した。彼にはもう用はないと思った。彼女は着物を脱いで、部屋に戻った。そして、白い熊のぬいぐるみを抱きしめた。

彼女はふと、窓の外に目をやった。雪が降り始めていた。彼女は思わず、笑った。雪は彼女が好きなものだった。雪は白くてきれいで、心を洗ってくれるような気がした。彼女はぬいぐるみを持って、外に出た。雪の中を歩いて、公園に行った。公園には子供たちが雪だるまを作ったり、雪合戦をしたりしていた。彼女はぬいぐるみを雪だるまの上に乗せて、写真を撮った。そのとき、彼女の隣に立っていた男の子が、ぬいぐるみに興味を示した。

「かわいいぬいぐるみだね。どこで買ったの?」

「ありがとう。これは祖母からもらったものなの。」

「へえ、そうなんだ。じゃあ、大事にしなきゃね。」

「うん、そうだね。」

彼女は男の子に笑顔を見せた。男の子は彼女に手を差し出した。

「僕はゆうたっていうんだ。君の名前は?」

「わたしはさくらっていうの。よろしくね。」

「さくらちゃん、一緒に遊ばない?雪合戦とか、そりとか。」

「え、本当に?いいの?」

「もちろん。さくらちゃんと遊びたいんだ。」

彼女は男の子の手を握った。彼はとても優しくて、元気で、楽しそうだった。彼女は心がほっとした。彼女はぬいぐるみを抱きしめて、男の子について歩いた。雪の中で、彼女は初めての友達を作った。彼女は幸せを感じた。

彼女は祖母に感謝した。祖母は彼女にぬいぐるみをくれた。ぬいぐるみは彼女に幸せをくれた。ぬいぐるみは雪の中で、彼女を見守っていた。

着物のままで雪合戦やっちゃった!?

あとぬいぐるみはAIが追加しました。

そのくらい盛り上がった肩だと思われちゃったんですね。。。

このブログで契約している有料サーバーはこちら
こちらもおすすめです。クリックして見てみて下さい。
女装を始めるなら洋服はこちらで、彼女へのプレゼントにもいいですよ。
上質な記事を自動生成したいなら。文才のない私には欠かせません。
画像の元ネタが無い人へ、無から有を作りましょう。

読んで頂きありがとうございますm(_ _)m

気に入ってもらえたらクリックお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
趣味・ホビーランキング

AI作文
シェアする
ことをフォローする
女装写真をイラストに

コメント

タイトルとURLをコピーしました