※本ブログはアフィリエイト広告を利用しています。

雨の日の静けさ

AI作文
この記事は約2分で読めます。

静かな町の片隅で、透明な傘を手にした青い着物の少女が立っていた。

彼女の名前は葵。雨粒が傘に優しく触れる音だけが、静寂を破る。

葵はいつものように、雨の日を待ちわびていた。

なぜなら、雨の日だけが彼女に平穏をもたらすからだ。

彼女の着物は、白い花と赤いアクセントが施され、雨の滴を受けてきらきらと輝いている。

下駄の音もなく、彼女は水たまりを避けながら、ゆっくりと歩を進める。

この町に来てから、雨は彼女の唯一の友だった。人々は忙しく、誰も彼女の存在に気づかない。

しかし雨は違う。雨はいつも彼女に話しかけ、彼女を慰めてくれる。

ある日、葵はいつもの公園に向かう途中で、一輪の花を見つけた。

それは小さな紫陽花で、雨に打たれながらも力強く咲いていた。

葵はその花に見入り、自分もまた、この雨の中で強くありたいと願った。

紫陽花は彼女に微笑みかけるかのように、頷いた。

その日から、葵は雨の日に紫陽花を訪れるようになった。

紫陽花は彼女に色々な話を聞かせてくれた。

雨の音楽に合わせて、二人は時間を忘れて語り合った。

葵にとって、紫陽花は雨のように優しい友となった。

そして、雨の日が来るたびに、葵は傘をさし、紫陽花のもとへと歩を進める。

二人は雨の中で、静かに、しかし確かに絆を深めていくのだった。

濡れるのは困るけど、雨の日の散歩は好きです。

人少ないし、雨音って癒やされますよね。

こんなでの散歩はもうしばらく先ですが。

というか紫陽花の季節も大分先ですが。

このブログで契約している有料サーバーはこちら
こちらもおすすめです。クリックして見てみて下さい。
女装を始めるなら洋服はこちらで、彼女へのプレゼントにもいいですよ。
上質な記事を自動生成したいなら。文才のない私には欠かせません。
画像の元ネタが無い人へ、無から有を作りましょう。

読んで頂きありがとうございますm(_ _)m

気に入ってもらえたらクリックお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ

趣味・ホビーランキング

AI作文

↓Xとかインスタとか、良ければ転載してください。無許可でOKです♪

シェアする
古都礼奈をフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました