※本ブログはアフィリエイト広告を利用しています。

雨の日の思い出

AI作文
この記事は約2分で読めます。

雨の音に目覚めた朝、私は故郷に帰る準備をしていた。スーツケースの中には、高校時代の友人たちとの写真や、彼が貸してくれた本や、彼が作ってくれたおもちゃなど、大切な思い出の品が詰まっていた。彼というのは、私の初恋の人で、同じクラスで、同じ部活に入っていた。彼は、優しくて面白くて、頭が良くて、本やおもちゃが好きだった。私は、彼にずっと想いを寄せていたが、なかなか告白できなかった。

スーツケースを閉めた私は、窓の外を見た。灰色の空と水滴に覆われた景色が目に入った。もうすぐ、タクシーが来る時間だった。私は、立ち上がって、部屋を見回した。この部屋で、彼とたくさんの思い出を作った。この部屋を後にするのが、寂しかった。

私は、ドアを開けて、廊下に出た。隣の部屋のドアに目をやった。彼は、もう出て行ってしまったのだろうか。私は、ドアに近づいて、ノックした。彼の声を聞きたかった。彼に別れを告げたかった。彼に想いを伝えたかった。

私は、何度もノックした。すると、ドアが開いた。彼が、そこに立っていた。彼は、驚いた顔をした。私は、涙がこぼれた。私は、彼の名前を呼んだ。彼は、私の名前を呼んだ。私は、彼に飛びついた。彼は、私を抱きしめた。私は、彼にキスした。彼は、私にキスした。私は、彼に言った。「好きだよ」彼は、私に言った。「好きだよ」

私たちは、しばらく抱き合っていた。私たちは、お互いの気持ちを確かめ合った。私たちは、お互いの顔を見つめた。私たちは、笑った。私たちは、幸せだった。私たちは、雨の音を聞いた。私たちは、窓の外を見た。私たちは、虹を見た。私たちは、手を繋いだ。私たちは、部屋を出た。私たちは、タクシーに乗った。私たちは、故郷に帰った。私たちは、一緒に暮らした。私たちは、一生を共にした。

これが、私の雨の日の思い出だ。

このブログで契約している有料サーバーはこちら
こちらもおすすめです。クリックして見てみて下さい。
女装を始めるなら洋服はこちらで、彼女へのプレゼントにもいいですよ。
上質な記事を自動生成したいなら。文才のない私には欠かせません。
画像の元ネタが無い人へ、無から有を作りましょう。

読んで頂きありがとうございますm(_ _)m

気に入ってもらえたらクリックお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
趣味・ホビーランキング

AI作文
シェアする
ことをフォローする
女装写真をイラストに

コメント

タイトルとURLをコピーしました