※本ブログはアフィリエイト広告を利用しています。

雨の中の少女

AI作文
この記事は約4分で読めます。

私は雨の中を歩いていた。傘も持たずに。私はどこに行くのだろうと思った。私は自分の名前も覚えていなかった。私はただ、この街に来たという記憶しかなかった。

私は古い建物や傘を差した人々を見ながら、自分の過去を思い出そうとした。でも、何も思い出せなかった。私は自分の顔も見たことがなかった。私は自分の顔がどんな顔なのか知りたかった。

私はふと、前方にある小さな店に目をやった。店の看板には「**写真館**」と書かれていた。私は写真館に入ることにした。私は自分の写真を撮ってもらおうと思った。私は自分の顔を見たかったのだ。

私は写真館に入った。店内は暗くて、ほとんど人がいなかった。私はカウンターに近づいて、店員に声をかけた。

「すみません、写真を撮ってもらえますか?」

店員は私を見て、驚いたような表情をした。そして、不安そうに言った。

「あなたは…あなたは誰ですか?」

私は首をかしげた。私は自分の名前も知らなかった。私は店員に言った。

「私は…私はわからないです。私は自分の名前も覚えていないんです。私は記憶喪失なんです」

店員は私をじっと見つめた。そして、恐怖に満ちた声で言った。

「あなたは…あなたは彼女ですか?」

私は彼女とは誰のことなのかわからなかった。私は店員に尋ねた。

「彼女とは誰のことですか?」

店員は私を指差して言った。

「あなたは…あなたはあの事件の犯人ですよね?あの殺人事件の…」

私は事件とは何のことなのかわからなかった。私は殺人事件など知らなかった。私は店員に言った。

「事件?殺人事件?私は何も知りません。私は何もやっていません」

店員は私に信用しなかったようだった。店員は私から離れようとした。そして、慌てて言った。

「警察に電話します。あなたは動かないでください。あなたは逮捕されます」

私は警察とは何のことなのかわからなかった。私は逮捕されるとはどういうことなのかわからなかった。私は店員に言った。

「警察?逮捕?私は何も悪いことをしていないんです。私はただ、自分の顔を見たかっただけなんです」

店員は私を無視して、電話を取り出した。店員は電話に向かって言った。

「はい、警察ですか?私は写真館であの事件の犯人を見つけました。早く来てください。彼女はまだここにいます」

私は事件とは何のことなのかわからなかった。私は犯人とは誰のことなのかわからなかった。私は自分が何をしたのかわからなかった。

私は店員に言った。

「私は誰なんですか?私は何をしたんですか?」

店員は私に答えなかった。店員は私を恐れていた。私は自分が何を恐れられるようなことをしたのかわからなかった。

私は店の中を見回した。私は壁にかかった写真に目をやった。私は写真に写っている人々を見た。私は写真に写っている人々がどんな人々なのかわからなかった。

私は写真の中に自分の姿を見つけた。私は自分の顔を見た。私は自分の顔がどんな顔なのか知った。

私は自分の顔に驚いた。私は自分の顔が信じられなかった。私は自分の顔が嫌だった。

私は自分の顔が、あの事件の被害者の顔と同じだったことに気づいた。

私は自分が、あの事件の犯人ではなく、被害者だったことに気づいた。

私は自分が、あの事件で殺された少女だったことに気づいた。

私は自分が、死んでいたことに気づいた。

私は自分が、幽霊だったことに気づいた。

私は自分が、星を見るのが好きだったことを思い出した。

私は自分が、星に近づきたいと思っていたことを思い出した。

私は自分が、星になりたいと思っていたことを思い出した。

私は自分が、星になれると信じていたことを思い出した。

私は自分が、星になる方法を知っていたことを思い出した。

私は自分が、星になるために、あの事件を起こしたことを思い出した。

私は自分が、星になるために、自分を殺したことを思い出した。

私は自分が、星になるために、自分の顔を消したことを思い出した。

私は自分が、星になるために、自分の記憶を失ったことを思い出した。

私は自分が、星になるために、この街に来たことを思い出した。

私は自分が、星になるために、この写真館に入ったことを思い出した。

私は自分が、星になるために、自分の写真を撮ろうとしたことを思い出した。

私は自分が、星になるために、自分の顔を見たかったことを思い出した。

私は自分が、星になるために、自分の顔を見たことを後悔した。

私は自分が、星になれなかったことを悟った。

私は自分が、星になることはできないと知った。

私は自分が、星になることは叶わない夢だったと理解した。

私は自分が、星になりたかったことを忘れた。

私は。。。

イラストになったときにカチューシャが無くなった。

おふざけだから別にいいけど。。。

ふざけた写真から真面目な文章を作られると

読むときにちょっと辛い。。。

このブログで契約している有料サーバーはこちら
こちらもおすすめです。クリックして見てみて下さい。
女装を始めるなら洋服はこちらで、彼女へのプレゼントにもいいですよ。
上質な記事を自動生成したいなら。文才のない私には欠かせません。
画像の元ネタが無い人へ、無から有を作りましょう。

読んで頂きありがとうございますm(_ _)m

気に入ってもらえたらクリックお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
趣味・ホビーランキング

AI作文
シェアする
ことをフォローする
女装写真をイラストに

コメント

タイトルとURLをコピーしました