※本ブログはアフィリエイト広告を利用しています。

雨の中で踊る

AI作文
この記事は約2分で読めます。

彼女は雨が好きだった。雨の日は、傘を持って外に出て、水たまりに飛び込んだり、雨粒に顔を打たせたりして、自由に踊るのが好きだった。彼女は雨の音に耳を傾け、雨の匂いに鼻をかざし、雨の感触に身を任せた。雨は彼女にとって、悲しみや孤独を洗い流してくれる癒しの存在だった。

彼女は雨の中で踊ることで、自分の心を表現していた。彼女は自分の顔を隠すために、傘をかぶっていた。彼女は自分の顔が嫌いだった。彼女は自分の顔が醜いと思っていた。彼女は自分の顔を見るたびに、自分を責めた。彼女は自分の顔を誰にも見せたくなかった。彼女は自分の顔を愛せなかった。

彼は彼女が好きだった。彼は彼女の踊りに惹かれた。彼は彼女の踊りが美しいと思った。彼は彼女の踊りに感動した。彼は彼女の踊りに魅了された。彼は彼女の踊りに恋した。

彼は彼女に話しかけたかった。彼は彼女に名前を聞きたかった。彼は彼女に笑顔を見せたかった。彼は彼女に手を差し伸べたかった。彼は彼女に抱きしめたかった。彼は彼女にキスしたかった。

でも、彼はそれができなかった。彼は彼女が傘をかぶっていることに気づいた。彼は彼女が自分の顔を隠していることに気づいた。彼は彼女が自分の顔を恥ずかしがっていることに気づいた。彼は彼女が自分の顔を嫌っていることに気づいた。彼は彼女が自分の顔を愛せないことに気づいた。

彼は彼女に何も言えなかった。彼は彼女に何もできなかった。彼は彼女に何も与えられなかった。彼は彼女に何も求められなかった。彼は彼女に何も触れられなかった。

だから、彼はただ彼女を見つめた。彼はただ彼女を見守った。彼はただ彼女を想った。彼はただ彼女を愛した。

雨の中で踊る少女と、雨の中で見つめる少年。二人は互いに気づいていたが、互いに近づけなかった。二人は互いに惹かれていたが、互いに触れられなかった。二人は互いに愛していたが、互いに伝えられなかった。

雨は二人を隔てる壁になった。雨は二人を結ぶ糸になった。雨は二人を揺さぶる風になった。雨は二人を導く光になった。

雨は二人の運命を変えることができるのだろうか?

このブログで契約している有料サーバーはこちら
こちらもおすすめです。クリックして見てみて下さい。
女装を始めるなら洋服はこちらで、彼女へのプレゼントにもいいですよ。
上質な記事を自動生成したいなら。文才のない私には欠かせません。
画像の元ネタが無い人へ、無から有を作りましょう。

読んで頂きありがとうございますm(_ _)m

気に入ってもらえたらクリックお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
趣味・ホビーランキング

AI作文
シェアする
ことをフォローする
女装写真をイラストに

コメント

タイトルとURLをコピーしました