※本ブログはアフィリエイト広告を利用しています。

過去と未来の交差点

AI作文
この記事は約2分で読めます。

私は時計台の上に立っていた。夜の街が眼下に広がり、星空が頭上に輝いていた。私はこの場所が好きだった。ここから見える景色は、私の心の中にある過去と未来の交差点に似ていた。

私は過去と未来の間で揺れ動いていた。私は過去に縛られていた。私は未来に恐れていた。私は現在に満足していなかった。私は自分自身を見失っていた。

私は時計の針が動くのを見ていた。時計の針は私の人生の象徴だった。時計の針は常に動き続ける。時計の針は過去と未来をつなぐ。時計の針は現在を切り取る。時計の針は自分自身を示す。

私は時計の針に問いかけた。私は何をすべきだろうか?私はどこへ行くべきだろうか?私は誰なのだろうか?時計の針は答えなかった。時計の針はただ動き続けた。

私は時計の針に怒った。私は何も分からないと叫んだ。私は何もできないと泣いた。私は何もないと嘆いた。時計の針は動きを止めた。時計の針は私を見つめた。

私は時計の針に驚いた。私は何が起こったのかと問いかけた。私は何をすればいいのかと求めた。私は何を望むのかと探った。時計の針は動きを再開した。時計の針は私に語りかけた。

時計の針は私に言った。私は自分の選択に責任を持てと言った。私は自分の行動に覚悟を持てと言った。私は自分の願いに信念を持てと言った。時計の針は私に示した。私は自分の道を歩めと示した。私は自分の目的を見つけろと示した。私は自分の幸せを掴めと示した。

私は時計の針に感謝した。私は自分の選択に責任を持つと答えた。私は自分の行動に覚悟を持つと答えた。私は自分の願いに信念を持つと答えた。私は時計の針に従った。私は自分の道を歩いた。私は自分の目的を見つけた。私は自分の幸せを掴んだ。

私は時計台の上から降りた。夜の街が眼下に広がり、星空が頭上に輝いていた。私はこの場所が好きだった。ここから見える景色は、私の心の中にある過去と未来の交差点に似ていた。でも、私はもう揺れ動かなかった。私は過去に感謝し、未来に期待し、現在に生きた。私は自分自身を見つけた。

顔の部分が大きいと流石に加工に違和感があります。

私は幸せを掴むために、お金を掴みたい。


このブログで契約している有料サーバーはこちら
こちらもおすすめです。クリックして見てみて下さい。
女装を始めるなら洋服はこちらで、彼女へのプレゼントにもいいですよ。
上質な記事を自動生成したいなら。文才のない私には欠かせません。
画像の元ネタが無い人へ、無から有を作りましょう。

読んで頂きありがとうございますm(_ _)m

気に入ってもらえたらクリックお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
趣味・ホビーランキング

AI作文
シェアする
ことをフォローする
女装写真をイラストに

コメント

タイトルとURLをコピーしました