※本ブログはアフィリエイト広告を利用しています。

遊び心のストライプ

AI作文
この記事は約2分で読めます。

風が街角を曲がり、カフェのテラス席にあるストライプのテーブルクロスを揺らした。

そこに座るのは、ミユキ。

彼女はいつものように、ストライプのオフショルダートップとパターンのスカートを身にまとい、友人を待っていた。

「遅いな」とミユキは時計を見つめながら思った。

彼女の視線は、通りを行き交う人々に移る。

それぞれが自分の物語を持ち、自分の世界に生きている。

ミユキはそんな彼らを見て、自分もまた、この街の一部であると感じた。

友人のアキラがやって来た。

彼はいつも通り、大きな笑顔を浮かべていた。

「ごめん、待たせたね」とアキラは言った。

「いいのよ、ちょうどいいタイミングだったわ」とミユキは答えた。

二人はコーヒーを注文し、日常の話に花を咲かせた。

アキラは最近の仕事の成功を語り、ミユキは彼の話に耳を傾けた。

会話が進むにつれ、ミユキは自分の夢について話し始めた。

彼女はいつか自分のブランドを立ち上げ、オリジナルの服を作ることが夢だった。

アキラはその話に熱心に耳を傾け、励ましの言葉をかけた。

「君ならできるよ。そのセンスと情熱があればね」とアキラは言った。

ミユキは微笑みながら、そんなアキラの言葉に感謝した。

彼女は自分の夢を追い続けることを決意し、その日、一歩を踏み出すことにした。

夕暮れが街を包み込む頃、二人はカフェを後にした。

ミユキは新たな決意を胸に、これからの未来に思いを馳せながら家路についた。

彼女の遊び心あふれる服装は、彼女の個性と夢を映し出していた。

そして、ミユキは知っていた。

この街のどこかで、彼女の物語が始まっていることを。

私の夢というか目標は

このブログがどこまでも広められることです。

そして広告収入で生きていければばっちりです♪

別件ですが、鳥山明先生が永眠なされました。

大丈夫だ。ドラゴンボールでも生き返れる。。。

とはならないのが残念です。

子供の頃から好きだったので。

このブログで契約している有料サーバーはこちら
こちらもおすすめです。クリックして見てみて下さい。
女装を始めるなら洋服はこちらで、彼女へのプレゼントにもいいですよ。
上質な記事を自動生成したいなら。文才のない私には欠かせません。
画像の元ネタが無い人へ、無から有を作りましょう。

読んで頂きありがとうございますm(_ _)m

気に入ってもらえたらクリックお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ

趣味・ホビーランキング

AI作文

↓Xとかインスタとか、良ければ転載してください。無許可でOKです♪

シェアする
古都礼奈をフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました