※本ブログはアフィリエイト広告を利用しています。

通学して朝の授業

AI作文
この記事は約2分で読めます。

私は学校へ行くために家を出た。今日は英語の発表がある。私は英語が得意だ。先生は私に優しかった。私は先生が好きだった。

私は歩道を走って、信号を渡った。私は学校に早く着きたかった。早く着いたら、先生に会える。私はそれが嬉しかった。

私は学校の門に到着した。私は校庭を横切って、教室へ向かった。途中で、私はクラスメートの佐藤くんに出会った。佐藤くんは私に無表情で挨拶した。私は返した。佐藤くんは私が嫌いだという噂があった。私はそれが気にならなかった。

私は教室に入った。私の席は窓際の一番前だった。私は席に着いて、バッグを机の上に置いた。私は英語の発表の準備をした。私は発表の内容を暗記していた。私は英語が好きだった。

私は窓の外を見た。空は青くて、雲は白くて、鳥は鳴いていた。私は空が好きだった。空は自由で、広くて、美しかった。私は空になりたかった。私は空を見ながら、夢を見た。

チャイムが鳴った。私は現実に戻った。私は先生の姿を探した。先生は教壇に立っていた。先生は私に目を向けて、優しく笑った。私は幸せを感じた。私は先生の笑顔が好きだった。

先生は声を張り上げて、言った。

「今日は英語の発表です。みなさん、準備はできましたか?」

私は答えた。私は準備ができていた。私は発表が好きだった。

先生は私に近づいて、言った。

「君はいつも元気だね。でも、今日は特に輝いているよ。さあ、バッグを開けて、発表の資料を出しなさい。」

私はバッグを開けた。私は発表の資料を探した。私は見つけた。私は発表の資料を持ってきたことに気づいた。私は嬉しかった。

先生は私のバッグを覗き込んで、言った。

「君はこれを持ってきたね。これは何だい?」

私はバッグの中にあったものを見た。それは私の大切なものだった。それは私の写真だった。私はそれを見せたかった。私はそれを誇りに思っていた。私はそれが好きだった。

先生は私の写真を取り出して、言った。

「これは君の写真かい?なんて素敵な子だ。君は誰と写っているのかな?」

私は写真を見た。写真には私と母と父が写っていた。私は幸せそうに笑っていた。母は優しく私を抱きしめていた。父は誇らしげに私を見ていた。私はそれが好きだった。私は家族が好きだった。

先生は写真をクラスメートに見せて、言った。

「みなさん、見てください。これは君のクラスメートの写真です。彼女は家族と一緒に写っています。彼女は家族と仲がいいんでしょうね。」

クラスメートは写真を見て、拍手した。クラスメートは私をほめた。クラスメートは私が好きだった。

私は先生に感謝した。私は先生に発表を始めてもいいかと聞いた。先生は頷いた。私は教壇に立って、英語で話し始めた。私は自信を持っていた。私は英語が好きだった。

私は英語嫌いだったけどな。

割と死んだ目で学校通ってたし。

今とあんまし変わらんなw

このブログで契約している有料サーバーはこちら
こちらもおすすめです。クリックして見てみて下さい。
女装を始めるなら洋服はこちらで、彼女へのプレゼントにもいいですよ。
上質な記事を自動生成したいなら。文才のない私には欠かせません。
画像の元ネタが無い人へ、無から有を作りましょう。

読んで頂きありがとうございますm(_ _)m

気に入ってもらえたらクリックお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
趣味・ホビーランキング

AI作文
シェアする
ことをフォローする
女装写真をイラストに

コメント

タイトルとURLをコピーしました