※本ブログはアフィリエイト広告を利用しています。

記憶の追跡者

AI作文
この記事は約3分で読めます。

彼女は記憶の追跡者だった。人々の記憶を盗んだり、書き換えたり、売買したりする犯罪者を捕まえるために、自らの記憶を消して、彼らの仲間になりすます。彼女は自分の本当の名前も顔も知らない。彼女にはコードネームと仮の顔だけがある。

彼女は今回のターゲットを追って、とある街にやってきた。ターゲットは、政府の重要な情報を記憶チップにコピーして、裏市場に流そうとしているという。彼女はターゲットの仲間になるために、彼らのアジトに潜入した。そこで彼女は、ターゲットの一人が持っている記憶チップを盗み出すことに成功した。しかし、そのとき、彼女は思わぬものを目にした。記憶チップには、彼女自身の記憶が映し出されていたのだ。

彼女は驚いて、記憶チップを見つめた。そこには、彼女が幼いころに両親と暮らしていた家や、彼女が初めて恋をした男の子や、彼女が記憶の追跡者になる前の姿が映っていた。彼女は涙がこぼれるのを感じた。彼女は自分の過去を思い出した。彼女は記憶の追跡者になった理由を思い出した。彼女は、自分の大切な人を記憶の犯罪者に殺されたことを思い出した。

彼女は怒りに震えた。彼女は、この記憶チップが、自分の大切な人を殺した犯罪者のものだと確信した。彼女は、この記憶チップを手に入れるために、自分の記憶を消して、犯罪者の仲間になったのだと気づいた。彼女は、自分の記憶を取り戻すために、犯罪者を追い詰めることを決意した。

彼女は記憶チップをポケットにしまって、アジトから脱出した。彼女はターゲットの居場所を探すために、街を駆け巡った。彼女はターゲットを見つけた。彼女はターゲットに近づいた。彼女はターゲットに声をかけた。

「こんにちは、私は記憶の追跡者です。あなたは私の記憶を盗んだ犯罪者です。あなたは私に死を与えることになります。」

彼女はターゲットに銃を向けた。ターゲットは驚いて、彼女を見た。ターゲットは彼女の顔を見て、笑った。

「ああ、君か。君は私の娘だよ。」

彼女はターゲットの言葉に動揺した。彼女はターゲットの顔を見た。彼女はターゲットの顔に、自分の顔と似たものを見た。彼女は混乱した。

「嘘だ。あなたは私の父親ではない。あなたは私の敵だ。」

彼女はターゲットに銃を撃った。ターゲットは倒れた。彼女はターゲットの死体に近づいた。彼女はターゲットのポケットから、もう一つの記憶チップを取り出した。彼女は記憶チップを見た。そこには、彼女が記憶の追跡者になる前の姿が映っていた。彼女は記憶チップを見て、泣いた。

「私は誰なのだろう。私は何をしたのだろう。私は何を失ったのだろう。」

彼女は記憶チップを手にしたまま、街の中で泣き続けた。彼女は記憶の追跡者だった。彼女は自分の記憶を追って、自分の運命を変えようとした。彼女は自分の記憶を取り戻した。彼女は自分の過ちに気づいた。彼女は自分の記憶に苦しんだ。彼女は自分の記憶に埋もれた。彼女は記憶の追跡者だった。彼女は記憶の追跡者のままだった。

イラストと内容が全然関係なくなった。

イラストだと胸が大きいな。

本人は偽乳入れてるだけなんですが。

このブログで契約している有料サーバーはこちら
こちらもおすすめです。クリックして見てみて下さい。
女装を始めるなら洋服はこちらで、彼女へのプレゼントにもいいですよ。
上質な記事を自動生成したいなら。文才のない私には欠かせません。
画像の元ネタが無い人へ、無から有を作りましょう。

読んで頂きありがとうございますm(_ _)m

気に入ってもらえたらクリックお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
趣味・ホビーランキング

AI作文
シェアする
ことをフォローする
女装写真をイラストに

コメント

タイトルとURLをコピーしました