※本ブログはアフィリエイト広告を利用しています。

花嫁の幸せ

AI作文
この記事は約2分で読めます。

彼女はベールの下で微笑んだ。

今日は、彼と結ばれる日だった。

彼は、彼女が大学で出会った最初の恋だった。

彼は、彼女が夢見た理想の人だった。

彼は、彼女が幸せになる唯一の人だった。

彼女は白いドレスに身を包み、花束を抱えて歩いた。

教会の扉が開き、彼の姿が見えた。

彼は、彼女に向かって笑顔で手を振った。

彼女は、彼に近づくたびにドキドキした。

彼女は、彼に手を取られると安心した。

彼は、彼女の髪に触れて優しくささやいた。

「君は本当に美しいよ。僕の花嫁になってくれてありがとう」

彼女は、牧師の言葉に従って誓いを交わした。

彼女は、彼の指に指輪をはめた。

彼女は、彼にキスをされた。

彼女は、彼に抱きしめられた。

彼は、彼女の耳元に囁いた。

「君は本当に愛してるよ。僕の妻になってくれてありがとう」

彼女は、彼と一緒に歩いた。

彼女は、写真家にポーズをとった。

彼女は、カメラに向かって笑った。

彼女は、彼の隣に立った。

彼女は、彼の目を見た。

彼は、彼女の目に涙を見つけて拭いた。

「君は本当に幸せそうだね。僕の幸せになってくれてありがとう」

彼女は、パーティーで祝福を受けた。

彼女は、ケーキを切った。

彼女は、ブーケを投げた。

彼女は、友人や親族と踊った。

彼女は、彼と一緒に楽しんだ。

彼は、彼女の手を握って離さなかった。

「君は本当に素敵だよ。僕の仲間になってくれてありがとう」

彼女は、旅行に出発した。

彼女は、スーツケースを持った。

彼女は、タクシーに乗った。

彼女は、空港に着いた。

彼女は、彼と手をつないだ。

彼は、彼女のチケットを渡して笑った。

「君は本当に冒険好きだね。僕の旅のパートナーになってくれてありがとう」

彼女は、幸せだった。

最近知り合いが結婚したので、こんなネタにしてみた。

式は挙げないらしいけど、写真くらい撮ってもいいんじゃね?

このブログで契約している有料サーバーはこちら
こちらもおすすめです。クリックして見てみて下さい。
女装を始めるなら洋服はこちらで、彼女へのプレゼントにもいいですよ。
上質な記事を自動生成したいなら。文才のない私には欠かせません。
画像の元ネタが無い人へ、無から有を作りましょう。

読んで頂きありがとうございますm(_ _)m

気に入ってもらえたらクリックお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ

趣味・ホビーランキング

AI作文

↓Xとかインスタとか、良ければ転載してください。無許可でOKです♪

シェアする
古都礼奈をフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました