※本ブログはアフィリエイト広告を利用しています。

花咲く未来へ

AI作文
この記事は約2分で読めます。

卒業式の日、彼女は着物姿で登場した。

彼女はいつもと違って華やかで美しかった。

彼女の名前はさくら。桜のように優しくて可憐な女の子だった。

彼女は卒業証書を受け取り、壇上で一言述べた。

「私はこの学校でたくさんのことを学びました。先生や友達に感謝します。

これからも頑張ります。ありがとうございました。」

彼女は笑顔で手を振った。会場からは拍手と歓声が沸き起こった。

彼女は卒業式の後、教室に戻ってきた。

机には花束やプレゼントが置かれていた。

彼女はそれらを一つ一つ開けて、感動した。

中には手紙や写真もあった。

彼女はそれらを読んで、涙がこぼれた。

彼女は仲の良かったクラスメートに抱きしめられた。

「さくら、おめでとう。これからも仲良くしようね。」

彼女はうなずいて、ありがとうと言った。

彼女は教室を出て、校門に向かった。そこには彼が待っていた。

彼は彼女の幼なじみで、同じクラスだった。

彼は彼女に好意を持っていたが、なかなか言い出せなかった。

彼は彼女に花束を渡した。

「さくら、卒業おめでとう。君は今日、とてもきれいだよ。」

彼女は驚いて、ありがとうと言った。

彼は続けた。

「さくら、ずっと言いたかったことがあるんだ。君のことが好きだ。

付き合ってくれる?」

彼女は赤くなって、目をそらした。

彼は彼女の手を握った。

「さくら、僕と一緒に、花咲く未来へ行こう。」

彼女は彼の目を見て、笑った。

「うん、行こう。」

彼女は彼にキスをした。

彼らは手をつないで、校門を出た。空には桜が咲いていた。

高校卒業は制服でしたけどね。

大学のときは女子いなかったから分からんw

このブログで契約している有料サーバーはこちら
こちらもおすすめです。クリックして見てみて下さい。
女装を始めるなら洋服はこちらで、彼女へのプレゼントにもいいですよ。
上質な記事を自動生成したいなら。文才のない私には欠かせません。
画像の元ネタが無い人へ、無から有を作りましょう。

読んで頂きありがとうございますm(_ _)m

気に入ってもらえたらクリックお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ

趣味・ホビーランキング

AI作文

↓Xとかインスタとか、良ければ転載してください。無許可でOKです♪

シェアする
古都礼奈をフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました