※本ブログはアフィリエイト広告を利用しています。

花の舞う中の優雅さ

AI作文
この記事は約1分で読めます。

彼女は桜の木の下で待っていた。白い着物に身を包み、髪には花を飾っていた。彼女は今日、婚約者と会うことになっていた。二人は幼なじみで、家同士が縁組みをしていた。彼女は彼のことを好きだったが、彼の気持ちは分からなかった。彼はいつも冷たくて無口で、彼女に対しても優しくなかった。

彼女は彼を見つけた。彼は黒い着物に身を包み、髪には刀を差していた。彼は今日、戦に出ることになっていた。彼は敵国との戦争に志願していた。彼は自分の国を守りたかったが、それ以上に自分の力を試したかった。彼は彼女のことを愛していたが、それを伝えることができなかった。彼はいつも強くて誇り高く、彼女に対しても甘くなかった。

彼女は彼に近づいた。彼は彼女に気づいた。二人は互いに目を合わせた。桜の花びらが舞い落ちた。彼女は彼に笑顔を見せた。彼は彼女に頷いた。二人は言葉を交わさなかった。桜の木の下で一期一会をした。彼女は彼に幸せを祈った。彼は彼女に別れを告げた。二人は別れのキスをしなかった。桜の花びらが舞い散った。

着物写真を引っ張りだしてまだ使う。

流石に正月の空気じゃないししばらくは打ち止めです。

このブログで契約している有料サーバーはこちら
こちらもおすすめです。クリックして見てみて下さい。
女装を始めるなら洋服はこちらで、彼女へのプレゼントにもいいですよ。
上質な記事を自動生成したいなら。文才のない私には欠かせません。
画像の元ネタが無い人へ、無から有を作りましょう。

読んで頂きありがとうございますm(_ _)m

気に入ってもらえたらクリックお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
趣味・ホビーランキング

AI作文
シェアする
ことをフォローする
女装写真をイラストに

コメント

タイトルとURLをコピーしました