※本ブログはアフィリエイト広告を利用しています。

花のような座り方

AI作文
この記事は約2分で読めます。

ある日の午後、公園のベンチに座っている女性がいました。彼女は純白のロングスカートを広げて地面に座り、まるで花が咲いたように美しく見えました。

彼女の名前はエミリー。彼女は花に囲まれることが好きで、毎日公園に通っては自然の美しさに魅了されていました。今日も座っていると、そばで風がそよそよと吹き始めました。

風がロングスカートを舞い上げると、エミリーの笑顔が浮かび上がりました。彼女の周りに散らばっている花びらが、まるで輝く羽根のように見えました。エミリーはその瞬間、まるで妖精になったように感じました。

すると、子供たちが近づいてきました。彼らはエミリーの周りに集まり、彼女の美しいスカートに興味津々でした。エミリーは彼らに話しかけ、一緒に花を摘んで遊びました。

時間が経つにつれて、エミリーの周りには幸せな笑い声が広がりました。彼女がロングスカートを広げた空間は、みんなが集まり幸せを分かち合う特別な場所になっていたのです。

夕暮れが近づいてくると、彼女は子供たちと別れました。彼らはエミリーのスカートに手を振りながら、さよならを告げると去っていきました。エミリーは一人になり、心地よい静けさに包まれました。

エミリーはロングスカートを広げたまま、思い思いに空想にふけっていました。彼女は花の中で眠りにつき、花びらが彼女をやさしく包み込みました。

朝日が昇ると、エミリーは目を覚ました。彼女はロングスカートに座っている女の子としての夢から覚めましたが、美しい思い出が心の中に残りました。

エミリーは静かに立ち上がり、ロングスカートを揺らして花びらを散らしました。彼女は公園を後にしましたが、その日から彼女の心には、花や自然の美しさへの愛おしさがより一層深まったのでした。

頭に乗せた猫のぬいぐるみはどこかに消えた。

このブログで契約している有料サーバーはこちら
こちらもおすすめです。クリックして見てみて下さい。
女装を始めるなら洋服はこちらで、彼女へのプレゼントにもいいですよ。
上質な記事を自動生成したいなら。文才のない私には欠かせません。
画像の元ネタが無い人へ、無から有を作りましょう。

読んで頂きありがとうございますm(_ _)m

気に入ってもらえたらクリックお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
趣味・ホビーランキング

AI作文
シェアする
ことをフォローする
女装写真をイラストに

コメント

タイトルとURLをコピーしました