※本ブログはアフィリエイト広告を利用しています。

自然の中の伝統的な着物

AI作文
この記事は約3分で読めます。

彼女は自分の姿を確かめるために、竹林の中にある小さな池に近づいた。白い着物に身を包み、髪には赤い花を飾っていた。彼女は今日、婚約者と結婚するはずだった。しかし、彼は突然、別の女と逃げてしまったという。彼女は悲しみと怒りに満ちていた。彼女は自分の人生をどうすればいいのかわからなかった。

彼女は池に映った自分の顔を見つめた。ぼやけた影が目に入った。彼女は驚いて振り返った。そこには、見知らぬ男が立っていた。彼は黒い着物に身を包み、髪には白い羽根を飾っていた。彼は彼女に微笑んだ。

「こんにちは。あなたは誰ですか?」彼は尋ねた。

「私は…私は…」彼女は言葉に詰まった。彼女はこの男に自分の名前を教えるべきだろうか。彼女はこの男に何か悪意があるのではないかと疑った。彼女はこの男を見たことがなかった。彼はどこから来たのだろうか。

「私はただの通りすがりの者です。あなたはこの竹林に何をしに来たのですか?」彼女は逆に尋ねた。

「私はあなたを見に来たのです。あなたはとても美しいです。あなたの着物も素晴らしいです。あなたはどこから来たのですか?」彼は言った。

彼女は彼の言葉に戸惑った。彼は自分を見に来たと言った。彼は自分を知っているのだろうか。彼は自分に何か用があるのだろうか。彼は自分に褒め言葉をかけた。彼は自分に好意を持っているのだろうか。

「私はこの村に住んでいます。あなたはどこから来たのですか?」彼女は言った。

「私は遠い国から来ました。私はあなたの国に興味がありました。私はあなたの国の文化や歴史や風習を学びたかったのです。私はあなたの国の人々と話したり、友達になったりしたかったのです。そして、私はあなたに出会いました。あなたは私の心を奪いました。あなたは私の運命の人です。」彼は言った。

彼女は彼の言葉に驚いた。彼は遠い国から来たと言った。彼は自分の国に興味があったと言った。彼は自分と友達になりたいと言った。そして、彼は自分を運命の人だと言った。彼は自分に愛を告白したのだろうか。

「あなたは私をからかっているのですか?あなたは私を嘘つきだと思っているのですか?あなたは私を傷つけるつもりなのですか?」彼女は言った。

「いいえ、そんなことはありません。私は本気です。私はあなたを愛しています。私はあなたと一緒になりたいです。私はあなたを幸せにしたいです。私はあなたに誓います。私はあなたに嘘をつきません。私はあなたを裏切りません。私はあなたを守ります。」彼は言った。

彼女は彼の言葉に感動した。彼は本気だと言った。彼は自分を愛していると言った。彼は自分と一緒になりたいと言った。彼は自分を幸せにしたいと言った。彼は自分に誓った。彼は自分に嘘をつかないと言った。彼は自分を裏切らないと言った。彼は自分を守ると言った。

彼女は彼の目を見た。彼の目は真実を語っていた。彼の目は優しさと情熱と純真さに満ちていた。彼の目は自分を愛していると言っていた。

彼女は彼に微笑んだ。

「私もあなたを愛しています。私もあなたと一緒になりたいです。私もあなたに誓います。私もあなたに嘘をつきません。私もあなたを裏切りません。私もあなたを守ります。」彼女は言った。

彼は彼女に抱き寄せた。彼は彼女にキスした。彼は彼女に囁いた。

「私たちは一緒に逃げましょう。私たちは自分たちの幸せを探しましょう。私たちは自分たちの夢を叶えましょう。私たちは自分たちの物語を始めましょう。」

彼女は彼に頷いた。彼女は彼に手を握った。彼女は彼に答えた。

「はい、一緒に逃げましょう。はい、自分たちの幸せを探しましょう。はい、自分たちの夢を叶えましょう。はい、自分たちの物語を始めましょう。」

彼らは竹林を抜け出した。彼らは夕日に向かって走った。彼らは自分たちの未来に向かって走った。彼らは自分たちの愛に向かって走った。

彼らは自然の中の伝統的な着物を着ていた。

このブログで契約している有料サーバーはこちら
こちらもおすすめです。クリックして見てみて下さい。
女装を始めるなら洋服はこちらで、彼女へのプレゼントにもいいですよ。
上質な記事を自動生成したいなら。文才のない私には欠かせません。
画像の元ネタが無い人へ、無から有を作りましょう。

読んで頂きありがとうございますm(_ _)m

気に入ってもらえたらクリックお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
趣味・ホビーランキング

AI作文
シェアする
ことをフォローする
女装写真をイラストに

コメント

タイトルとURLをコピーしました