※本ブログはアフィリエイト広告を利用しています。

紫リボンのツインテール

AI作文
この記事は約2分で読めます。

春の風が教室の窓を通り抜ける。桜の花びらが舞い、新しい季節の訪れを告げていた。

彼女はいつものように青い椅子に座り、窓の外を見つめている。

その名は、紫野ミユ。彼女のトレードマークは、鮮やかな紫のリボンで結ばれたツインテールだ。

「ミユ、何見てるの?」隣の席から声がかかる。それは彼女の親友、緑川サキ。

彼女もまた、ミユと同じくらい個性的な髪色をしていた。

「桜、キレイだね」とミユは答える。

彼女の声はいつも通り穏やかで、その場の空気を和ませる力があった。

「そうだね。でも、ミユはもっとキレイだよ」とサキは微笑む。ミユは少し照れくさそうに笑い、再び窓の外へと目を向けた。

彼女たちの通う学校は、古くからの伝統を持つ名門校。

制服のデザインもクラシックで、ミユのツインテールと紫のリボンが映える。

彼女はその制服を誇りに思っていた。

昼休み、ミユはいつものように屋上へと足を運ぶ。

そこは彼女にとって特別な場所だった。都会の喧騒から離れ、静かに自分の思考に耳を傾けることができる。

彼女は椅子に腰掛け、スケッチブックを開く。絵を描くことは、彼女にとってもう一つの言葉だ。

ページをめくる手が止まる。そこには、紫のリボンをつけた自分の姿が描かれていた。

彼女はその絵を見つめ、心の中で話しかける。

「私は、どこへ行くのかな?」

彼女の未来は、まだ白紙のスケッチブックのように、何も描かれていない。

だが、それが彼女には楽しみで、わくわくする。紫のリボンは、彼女の夢と希望を象徴していた。

卒業式の日、ミユは一つの決心をする。

彼女はアーティストになるという夢を、胸に秘めていた。その夢を叶えるために、彼女は旅立つことにした。

「紫リボンのツインテール、これからもずっと、私のシンボルだよ」

彼女はそう言いながら、紫のリボンをきつく結び直す。

そして、新しい道を歩き始めた。その背中には、青春の日々と、屋上で過ごした静かな時間が刻まれていた。

そして今、彼女は新しい世界へと足を踏み入れている。紫のリボンが風に揺れながら、彼女の未来への道しるべとなる。

オリジナルからの改変が凄いのが来た。

椅子ではなく、地べたに座ってます。

この座り方は柔軟頑張った結果です。

このブログで契約している有料サーバーはこちら
こちらもおすすめです。クリックして見てみて下さい。
女装を始めるなら洋服はこちらで、彼女へのプレゼントにもいいですよ。
上質な記事を自動生成したいなら。文才のない私には欠かせません。
画像の元ネタが無い人へ、無から有を作りましょう。

読んで頂きありがとうございますm(_ _)m

気に入ってもらえたらクリックお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ

趣味・ホビーランキング

AI作文

↓Xとかインスタとか、良ければ転載してください。無許可でOKです♪

シェアする
古都礼奈をフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました