※本ブログはアフィリエイト広告を利用しています。

白い夢の中のプリンセス

AI作文
この記事は約2分で読めます。

彼女は白いドレスを着て、庭園で舞踏会に参加していた。彼女はプリンセスだったが、名前は誰も知らなかった。彼女は自分の国のことも忘れていた。彼女はただ、この美しい場所で楽しみたかった。

彼女はたくさんの人と踊ったが、心から惹かれる人はいなかった。彼女は何かが足りないと感じていた。彼女はもっと刺激的なことを求めていた。

そんなとき、彼女は手に持っていた青い宝石に気づいた。それは彼女が舞踏会に来る前に、道で拾ったものだった。彼女はその宝石に不思議な魅力を感じて、持ち帰ってきたのだった。

彼女はその宝石をじっと見つめた。すると、宝石が光り始めた。彼女は驚いて、宝石を握りしめた。すると、彼女は目の前の景色が変わるのを感じた。

彼女は庭園から消えて、夢の中に入った。

夢の中では、彼女は別の世界にいた。そこは庭園よりも美しく、魔法が溢れていた。彼女はその世界を探検し始めた。彼女は森や湖や城を見て、不思議な生き物と出会った。彼女は自由に冒険した。

そして、彼女は彼に出会った。

彼は王子だった。彼は夢の世界の支配者だった。彼は彼女に一目惚れした。彼は彼女に近づいて、自分の名前を教えた。彼はレオンと言った。彼は彼女に自分の名前を尋ねた。

彼女は自分の名前を思い出せなかった。彼女は自分の名前がないと言った。彼はそれを聞いて、彼女に笑顔で言った。

「それなら、私があなたに名前をつけてあげよう。あなたは白い夢の中のプリンセスだ。あなたの名前はリリーだ」

彼はそう言って、彼女にキスをした。彼女は彼のキスに応えた。彼女は彼のことが好きだった。彼女は彼と一緒にいたかった。

彼女は白い夢の中のプリンセスになった。

彼女は夢の中で幸せに暮らした。彼女はレオンと結婚した。彼女は夢の世界の女王になった。彼女は自分の国のことも、庭園のことも、舞踏会のことも、すべて忘れた。

彼女は夢の中で永遠に眠った。

知り合いが近々結婚するそうなので

直情的に作ってみた。

幸せになるように祈ってます。

私のウェディングドレスはコスプレみたいなもんですが。

流石に本番で着れなかったしね(笑)

このブログで契約している有料サーバーはこちら
こちらもおすすめです。クリックして見てみて下さい。
女装を始めるなら洋服はこちらで、彼女へのプレゼントにもいいですよ。
上質な記事を自動生成したいなら。文才のない私には欠かせません。
画像の元ネタが無い人へ、無から有を作りましょう。

読んで頂きありがとうございますm(_ _)m

気に入ってもらえたらクリックお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
趣味・ホビーランキング

AI作文
シェアする
ことをフォローする
女装写真をイラストに

コメント

タイトルとURLをコピーしました