※本ブログはアフィリエイト広告を利用しています。

白い世界の魅力

AI作文
この記事は約2分で読めます。



雪が好きな彼女は、図書館で待ち望んでいたファンタジーの本を借りた。本を読み終えると、感動して本を返しに行った。そこで、彼女の名前を覚えていた男の子に出会った。彼は、彼女と同じ本が好きで、彼女に話しかけたが、彼女は冷たくあしらった。彼は、彼女に再び話しかけることを願った。

数日後、彼女は雪の中を歩いていた。彼女は、本の中の世界に憧れていた。すると、彼女の前に、本の中の主人公にそっくりな男の子が現れた。彼は、彼女に笑顔で手を差し出した。

「こんにちは。僕は、あなたの夢を叶える魔法使いです。あなたは、本の中の世界に行きたいですか?」

彼は、彼女に尋ねた。彼は、彼女の願いを知っていた。彼は、彼女に本の中の世界を見せたかった。

彼女は、彼を見て、驚いた。彼は、図書館で会った男の子だった。彼は、なぜここにいるのか、なぜ魔法使いなのか、なぜ彼女の夢を知っているのか、という疑問が頭に浮かんだ。しかし、彼女は、本の中の世界に行きたいという気持ちが強かった。彼女は、彼の手を握った。

「はい、行きたいです」

彼女は、彼に答えた。彼女は、彼に信じてついていった。

彼は、彼女を連れて、雪の中に立っていた大きな本に向かった。彼は、本を開いて、彼女に言った。

「では、行きましょう。白い世界の魅力に」

彼は、彼女を本の中に引き込んだ。彼女は、彼と一緒に、本の中の世界に飛び込んだ。

彼女は、本の中の世界で、彼と幸せに暮らした。彼女は、彼が本当に魔法使いだったのか、彼がなぜ彼女を好きになったのか、彼がなぜ彼女の夢を叶えてくれたのか、という疑問を忘れた。彼女は、彼と本の中の世界が好きだった。

彼は、彼女を愛していた。彼は、彼女の夢を叶えてあげたかった。彼は、彼女と本の中の世界で一緒にいたかった。彼は、彼女が幸せになることを願った。

彼らは、白い世界の魅力で、幸せに過ごした。

喪失はしてないけどファンタジー系になってしまうな。

このブログで契約している有料サーバーはこちら
こちらもおすすめです。クリックして見てみて下さい。
女装を始めるなら洋服はこちらで、彼女へのプレゼントにもいいですよ。
上質な記事を自動生成したいなら。文才のない私には欠かせません。
画像の元ネタが無い人へ、無から有を作りましょう。

読んで頂きありがとうございますm(_ _)m

気に入ってもらえたらクリックお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ

趣味・ホビーランキング

AI作文

↓Xとかインスタとか、良ければ転載してください。無許可でOKです♪

シェアする
古都礼奈をフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました