※本ブログはアフィリエイト広告を利用しています。

白いドレスの少女

AI作文
この記事は約4分で読めます。

彼女は白いドレスを着て、ピンクのリュックを背負っていた。彼女の名前はリナという。リナは魔法の国エルフィアに住む少女で、魔法学校に通っていた。リナは魔法が大好きで、いつかは偉大な魔法使いになりたいと夢見ていた。しかし、リナには一つだけ悩みがあった。それは、自分の魔法がうまく使えないということだった。

リナは魔法学校で、先生や友達にからかわれることがよくあった。リナの魔法は、いつも思った通りにはいかなかった。例えば、火の魔法を使おうとすると、水が出てきたり、風の魔法を使おうとすると、土が飛んできたりした。リナは何度も練習したが、どうしても上達しなかった。リナは自分の魔法に自信が持てなくなり、魔法学校に行くのが嫌になってしまった。

ある日、リナは魔法学校の帰り道に、一人で歩いていた。リナはいつものように、自分の魔法のことで落ち込んでいた。すると、リナの前に突然、一本の木の枝が現れた。リナは驚いて、木の枝をよく見た。木の枝は、細くて長くて、先端には小さな葉がついていた。木の枝は、リナに向かって、何かを言っているようだった。

「こんにちは、リナ。私は、あなたの魔法の杖だよ。」

リナは、木の枝の声に驚いた。木の枝が話すなんて、ありえないことだと思った。リナは、木の枝に聞いた。

「あなたは、私の魔法の杖? どういうこと?」

木の枝は、優しく答えた。

「私は、あなたの魔法の才能を感じて、あなたのところに来たんだ。私は、あなたの魔法の力を引き出して、あなたの夢を叶えるために、あなたに協力したいんだ。」

リナは、木の枝の言葉に信じられない気持ちになった。リナは、自分には魔法の才能なんてないと思っていた。リナは、木の枝に尋ねた。

「でも、私の魔法は、いつも失敗するんだ。私には、魔法の力なんてないよ。」

木の枝は、笑って言った。

「それは、あなたが自分の魔法に自信を持っていないからだよ。あなたの魔法は、とても素晴らしい魔法なんだ。あなたの魔法は、あなたの心のままに、自由に変化する魔法なんだ。あなたは、どんな魔法でも使えるんだよ。」

リナは、木の枝の言葉に疑いの目を向けた。リナは、自分の魔法が自由に変化するということを、良いことだとは思えなかった。リナは、自分の魔法がコントロールできないということを、恥ずかしいことだと思っていた。リナは、木の枝に言った。

「そんなことないよ。私の魔法は、いつも変なことになるんだ。私の魔法は、みんなに笑われる魔法なんだ。」

木の枝は、悲しそうに言った。

「そんなことはないよ。あなたの魔法は、とても素敵な魔法なんだ。あなたの魔法は、あなたの想像力や感情や願いに応える魔法なんだ。あなたの魔法は、あなたの個性を表す魔法なんだ。あなたは、自分の魔法を誇りに思っていいんだよ。」

リナは、木の枝の言葉に少し心が動いた。リナは、自分の魔法を誇りに思ったことはなかった。リナは、自分の魔法を隠したいと思っていた。リナは、木の枝に聞いた。

「でも、どうやって自分の魔法を使えばいいの?」

木の枝は、嬉しそうに言った。

「それは簡単だよ。私を手に持って、あなたの心の声に耳を傾けて、あなたの思いを強く願って、あなたの言葉で呪文を唱えればいいんだ。私は、あなたの魔法の力を増幅して、あなたの思いを形にするよ。」

リナは、木の枝の言葉に興味を持った。リナは、自分の心の声に耳を傾けたことも、自分の思いを強く願ったことも、自分の言葉で呪文を唱えたこともなかった。リナは、木の枝に言った。

「じゃあ、やってみようかな。」

木の枝は、喜んで言った。

「よかった。では、私を手に持って、あなたの魔法を試してみよう。」

リナは、木の枝を手に持って、自分の魔法を試してみることにした。リナは、自分の心の声に耳を傾けて、自分の思いを強く願って、自分の言葉で呪文を唱えた。

「私は、魔法が大好き。私は、魔法を使える。私は、魔法で夢を叶える。私の魔法は、私のもの。」

すると、木の枝から、明るい光が放たれた。光は、リナの周りを包み込んだ。リナは、自分の魔法の力を感じた。リナは、自分の魔法の可能性を感じた。リナは、自分の魔法の楽しさを感じた。リナは、自分の魔法に自信を持った。リナは、自分の魔法に笑顔を見せた。

ファンタジー風なショートストーリー

私も魔法が使いたいです。

火の魔法はライター代わり

水の魔法で水筒いらず

風の魔法で舞空術

土の魔法で家庭菜園

せめてどれかひとつでも。。。

このブログで契約している有料サーバーはこちら
こちらもおすすめです。クリックして見てみて下さい。
女装を始めるなら洋服はこちらで、彼女へのプレゼントにもいいですよ。
上質な記事を自動生成したいなら。文才のない私には欠かせません。
画像の元ネタが無い人へ、無から有を作りましょう。

読んで頂きありがとうございますm(_ _)m

気に入ってもらえたらクリックお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
趣味・ホビーランキング

AI作文
シェアする
ことをフォローする
女装写真をイラストに

コメント

タイトルとURLをコピーしました