※本ブログはアフィリエイト広告を利用しています。

現代の花魁

AI作文
この記事は約3分で読めます。

私は花魁になりたかった。

江戸時代の美しい着物と髪飾り、華やかな遊郭の世界に憧れていた。

だから、大学を卒業したら、着物の専門店で働くことにした。

着物の柄や色、着付けや小物のコーディネートにこだわって、

お客さんに喜んでもらえるように努めた。

でも、それだけでは物足りなかった。

私は自分も着物を着て、花魁のように人目を引きたかった。

そんなある日、友達から誘われて、カラオケに行った。

私は着物を着て行った。

着物の専門店で働いているということもあって、着物には自信があった。

でも、友達はみんな洋服を着ていた。

私は浮いてしまった。

カラオケの部屋に入ると、友達は私を見て驚いた。

そして、笑った。私の着物をからかった。私は悔しかった。

私は着物が好きだった。私は花魁になりたかった。

私はカラオケを早々に切り上げて、家に帰った。

家に着くと、インターネットで着物の情報を調べた。

すると、私の目に飛び込んできたのは、舞台の広告だった。

舞台のタイトルは「花の舞台」だった。

舞台の内容は、江戸時代の遊郭で働く花魁たちの物語だった。

舞台の写真を見ると、花魁たちは美しい着物と髪飾りを身につけていた。

私は舞台に魅了された。私は舞台を見に行きたかった。

私はすぐにチケットを予約した。そして、舞台の日が来るのを待った。

舞台の日が来たら、私は着物を着て、舞台を見に行った。

私は着物の専門店で働いているということもあって、着物には自信があった。

でも、劇場に着くと、私はまた浮いてしまった。

周りの人はみんな洋服を着ていた。私は恥ずかしくなった。

私は着物が好きだった。

私は劇場の中に入った。すると、私は驚いた。

私の前に広がっていたのは、赤いカーテンに囲まれた舞台だった。

舞台の上には、花魁たちが立っていた。

花魁たちは美しい着物と髪飾りを身につけていた。

私は舞台に見とれた。私は舞台に入りたかった。

舞台が始まった。花魁たちは歌った。花魁たちは踊った。花魁たちは笑った。

花魁たちは泣いた。私は花魁たちの物語に引き込まれた。私は花魁たちの感情に共感した。

私は花魁たちの美しさに感動した。

舞台が終わった。拍手が鳴りやまなかった。私は立ち上がった。

私は花魁たちに拍手を送った。私は花魁たちに感謝した。私は花魁たちに敬意を表した。

私は花魁たちに笑顔を見せた。

私は劇場を出た。すると、私はまた驚いた。私の周りには、着物を着た人たちがいた。

着物を着た人たちは、私に声をかけてきた。

着物を着た人たちは、私の着物を褒めてくれた。

着物を着た人たちは、私と写真を撮ってくれた。

私は着物を着た人たちと仲良くなった。私は着物を着た人たちと一緒になった。

私は家に帰った。家に着くと、インターネットで自分の写真を見つけた。

写真には、私と着物を着た人たちが笑っていた。

写真には、私と花魁たちが並んでいた。

写真には、私と舞台が映っていた。

写真には、私が現代の花魁になっていた。

私は幸せだった。私は着物が好きだった。私は花魁になれた。

着物は好きですが、動き難いのが大変ですね。

着崩せば割とそのへん自由が利きます。

まあ自分じゃかっこ良く着崩し出来ないですが。

花魁になりたいと思ったことはないな。

このブログで契約している有料サーバーはこちら
こちらもおすすめです。クリックして見てみて下さい。
女装を始めるなら洋服はこちらで、彼女へのプレゼントにもいいですよ。
上質な記事を自動生成したいなら。文才のない私には欠かせません。
画像の元ネタが無い人へ、無から有を作りましょう。

読んで頂きありがとうございますm(_ _)m

気に入ってもらえたらクリックお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ

趣味・ホビーランキング

AI作文

↓Xとかインスタとか、良ければ転載してください。無許可でOKです♪

シェアする
古都礼奈をフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました