※本ブログはアフィリエイト広告を利用しています。

猫耳の魔法使い

AI作文
この記事は約2分で読めます。

彼女は夢の中で魔法を使えることを知った。夢の中では、自分の思い通りに世界を変えられるのだ。白黒の世界に色をつけたり、空を飛んだり、火や水を操ったり。夢の中では、彼女は猫耳の魔法使いだった。

彼女は夢の中で出会った人たちと仲良くなった。彼らも魔法を使える者たちだった。彼らは彼女に夢の世界の秘密を教えてくれた。夢の世界は、現実の世界と繋がっているのだ。夢の中で起こったことは、現実にも影響を与えるのだ。

彼女は夢の中で魔法を使って楽しんだ。でも、彼女は現実の世界にも戻らなければならなかった。現実の世界では、彼女は猫耳の魔法使いではなかった。現実の世界では、彼女はただの普通の女の子だった。

彼女は夢の中と現実の間で揺れ動いた。夢の中で自由に魔法を使えるのは楽しいけれど、現実の世界にも大切な人や物がある。彼女はどちらの世界を選ぶべきなのだろうか。彼女は迷った。

ある日、彼女は夢の中で魔法を使っていたとき、突然現実の世界からの危機の知らせを受けた。現実の世界では、彼女の家が火事になっているというのだ。彼女は慌てて夢から覚めようとした。でも、夢の中の人たちが彼女を引き止めた。彼らは彼女に言った。

「夢の中に残ってくれ。現実の世界にはもう戻らなくていい。現実の世界は危険で不幸な世界だ。夢の中は安全で幸せな世界だ。夢の中で魔法を使って、自分の好きな世界を作れる。夢の中で、君は猫耳の魔法使いだ。」

彼女は彼らの言葉に心が揺らいだ。夢の中に残れば、魔法を使って好きなことができる。現実の世界に戻れば、魔法を使えないし、家も失うかもしれない。彼女はどうすればいいのだろうか。彼女は決めかねた。

そのとき、彼女は自分の耳に手を当てた。彼女は自分の猫耳を感じた。彼女は気づいた。彼女は夢の中で魔法を使えるのではない。彼女は現実の世界で魔法を使えるのだ。彼女は猫耳の魔法使いなのだ。

彼女は夢の中の人たちに笑顔で答えた。

「ありがとう。でも、私は現実の世界に戻ります。現実の世界にも魔法を使えるんです。現実の世界にも大切なものがあります。現実の世界にも、私は猫耳の魔法使いです。」

彼女は夢から覚めた。彼女は現実の世界に戻った。彼女は魔法を使って、自分の家を救った。彼女は魔法を使って、自分の世界を変えた。彼女は魔法を使って、自分の夢を叶えた。彼女は猫耳の魔法使いだった。

魔法使いじゃない気がするな。

そもそもメイド服だし。

割と金髪にしたのは珍しい気がする。

このブログで契約している有料サーバーはこちら
こちらもおすすめです。クリックして見てみて下さい。
女装を始めるなら洋服はこちらで、彼女へのプレゼントにもいいですよ。
上質な記事を自動生成したいなら。文才のない私には欠かせません。
画像の元ネタが無い人へ、無から有を作りましょう。

読んで頂きありがとうございますm(_ _)m

気に入ってもらえたらクリックお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
趣味・ホビーランキング

AI作文
シェアする
ことをフォローする
女装写真をイラストに

コメント

タイトルとURLをコピーしました