※本ブログはアフィリエイト広告を利用しています。

猫耳の秘密

AI作文
この記事は約2分で読めます。

ミナは、オフィスで働く普通の女性だった。しかし、彼女には、誰にも言えない秘密があった。彼女は、自分が猫の化身であるということだ。

ミナは、感情が高ぶると、ふわふわの猫耳が出てしまうのだ。彼女は、それを隠すために、いつも帽子やヘッドバンドをかぶっていた。しかし、ある日、彼女の秘密は、思わぬ形で明らかになってしまった。

その日は、ミナが上司に呼び出された日だった。上司は、ミナに重要なプレゼンテーションを任せると言った。ミナは、驚いたが、喜んだ。彼女は、自分の仕事に誇りを持っていたし、チャンスをものにしたかった。

ミナは、プレゼンテーションの準備に追われた。彼女は、データを集めたり、スライドを作ったり、練習をしたりした。彼女は、自分の能力を発揮するために、全力を尽くした。

しかし、そのせいで、彼女は、一つの大切なことを忘れてしまった。それは、帽子を持っていくということだった。

プレゼンテーションの日、ミナは、会議室に入ると、驚いた。なぜなら、そこには、彼女がひそかに好きだった同僚のタケシがいたからだ。

タケシは、ミナのことを見て、微笑んだ。彼は、ミナに「頑張ってね」と声をかけた。ミナは、タケシの優しい言葉に、ドキドキした。彼女は、猫耳が出てしまわないかと心配した。

ミナは、プレゼンテーションを始めた。彼女は、自分の仕事について、熱心に語った。彼女は、聞き手の反応を見ながら、話を進めた。彼女は、自分の髪を何度も直した。

プレゼンテーションが終わると、ミナは、上司や同僚から拍手を受けた。彼女は、ホッとしたが、同時に、猫耳が見えていなかったかと不安になった。

ミナは、会議室を出ようとした。しかし、タケシに呼び止められた。タケシは、ミナに近づいて、耳元でささやいた。

「君のプレゼンテーションは素晴らしかったよ。でも、もっと素晴らしいのは、君の猫耳だ。僕も、猫の化身なんだ。」

ミナは、タケシの言葉に驚いた。彼女は、タケシの頭に、ふわふわの猫耳があるのに気づいた。彼女は、信じられないと思った。

タケシは、ミナに笑顔で見つめて、手を差し出した。

「君と一緒に、猫の世界を見に行こう。」

ミナは、タケシの手を握った。彼女は、自分の秘密を受け入れてくれる人に出会えたことに、感動した。彼女は、タケシについていった。

二人は、会議室を出て、オフィスを抜け出した。二人は、猫の姿に変身して、自由に走り回った。二人は、猫の世界を楽しんだ。

ミナは、幸せだった。彼女は、自分の本当の姿を見せられる人に恋をしたのだった。

年末だけどいつものペース。

でも明日は正月だし振袖写真とイラスト上げます。

このブログで契約している有料サーバーはこちら
こちらもおすすめです。クリックして見てみて下さい。
女装を始めるなら洋服はこちらで、彼女へのプレゼントにもいいですよ。
上質な記事を自動生成したいなら。文才のない私には欠かせません。
画像の元ネタが無い人へ、無から有を作りましょう。

読んで頂きありがとうございますm(_ _)m

気に入ってもらえたらクリックお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
趣味・ホビーランキング

AI作文
シェアする
ことをフォローする
女装写真をイラストに

コメント

タイトルとURLをコピーしました