※本ブログはアフィリエイト広告を利用しています。

深紅と金のサリー

AI作文
この記事は約2分で読めます。



彼女は自分の姿を鏡で見て、満足そうに微笑んだ。今日は彼女の結婚式だった。彼女は幼い頃から夢見ていた相手と結ばれるのだ。彼は彼女の隣町に住む、裕福で優しい青年だった。彼女は彼に初めて会ったときから、彼に惹かれていた。彼も彼女に一目惚れし、両家の了解を得て、結婚の約束をしたのだった。

彼女は深紅と金のサリーを身にまとい、煌めくジュエリーを身につけた。彼女は自分の美しさに自信があった。彼女は自分の顔を隠すベールをかぶり、父親に手を引かれて、会場に向かった。会場には彼女の親族や友人たちが集まっていた。彼女は彼らの祝福を受けながら、花飾りの舞台に上がった。そこには彼が待っていた。彼は白いシャツと黒いズボンに身を包み、彼女に優しく微笑んだ。彼女は彼の笑顔に心を奪われた。

司祭が二人の前に立ち、結婚の儀式を始めた。二人は司祭の言葉に従って、お互いに花輪をかけたり、手を結んだりした。そして、最後に司祭が二人に宣言した。

「あなたたちは今、夫婦となりました。あなたたちはお互いに愛し合い、尊敬し合い、支え合い、幸せに暮らしてください。」

会場からは拍手と歓声が沸き起こった。二人はお互いに深く見つめ合い、幸せの涙を流した。彼女はベールを取り、彼にキスをした。彼は彼女を抱きしめ、耳元で囁いた。

「君は僕の夢だった。僕は君を愛してる。」

彼女は彼に答えた。

「私もあなたを愛しています。私たちはずっと一緒にいましょう。」

二人は幸せな笑顔で抱き合った。彼女は深紅と金のサリーを着たまま、彼とともに新しい人生へと歩み出したのだった。

このサリー紫だけどな。

あと金は使ってないな。

ちょっと妖しい雰囲気が出てたから満足。

このブログで契約している有料サーバーはこちら
こちらもおすすめです。クリックして見てみて下さい。
女装を始めるなら洋服はこちらで、彼女へのプレゼントにもいいですよ。
上質な記事を自動生成したいなら。文才のない私には欠かせません。
画像の元ネタが無い人へ、無から有を作りましょう。

読んで頂きありがとうございますm(_ _)m

気に入ってもらえたらクリックお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ

趣味・ホビーランキング

AI作文

↓Xとかインスタとか、良ければ転載してください。無許可でOKです♪

シェアする
古都礼奈をフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました