※本ブログはアフィリエイト広告を利用しています。

池のほとりのひととき

AI作文
この記事は約1分で読めます。

女は池のほとりに立っていた。白いTシャツと黒いロングスカート、スニーカーを履いていた。彼女の顔は見えなかった。水面に映った自分の姿を見つめていた。

この池にはよく来た。ここは彼女にとって特別な場所だった。ここで初めて彼に出会ったからだ。彼は経済学を専攻する大学生で、彼女と同じ大学に通っていた。彼女は彼の話が好きだった。彼は彼女の心を聞いてくれた。

彼女は彼に惹かれていった。そして、告白した。彼は彼女の気持ちを受け入れてくれた。二人は幸せになった。よくこの池に来て、手をつないだり、話したり、キスしたりした。お互いを愛していた。

しかし、長くは続かなかった。彼女は海外に留学することになった。彼は止めることができなかった。送り出した。約束した。待つと。忘れないと。

手紙やメールを待った。しかし、少なくなっていった。心配した。電話した。しかし、出なかった。メッセージを送った。しかし、返事をしなかった。

失ったことに気づいた。悲しくなった。怒った。悔やんだ。この池に来て、思い出した。忘れようとした。許そうとした。

女は池のほとりに立っていた。水面に映った自分の姿を見つめていた。何を感じていたのだろうか。

白黒のしましまTシャツが白に変わった。

なにがそうさせているのか気になる。

それ以上に元の写真のお腹周りが気になる。

暴食してた時期だしな。。。

このブログで契約している有料サーバーはこちら
こちらもおすすめです。クリックして見てみて下さい。
女装を始めるなら洋服はこちらで、彼女へのプレゼントにもいいですよ。
上質な記事を自動生成したいなら。文才のない私には欠かせません。
画像の元ネタが無い人へ、無から有を作りましょう。

読んで頂きありがとうございますm(_ _)m

気に入ってもらえたらクリックお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
趣味・ホビーランキング

AI作文
シェアする
ことをフォローする
女装写真をイラストに

コメント

タイトルとURLをコピーしました