※本ブログはアフィリエイト広告を利用しています。

桜色のメイド

AI作文
この記事は約2分で読めます。

第一章: 朝の光


桜色のメイド、彼女は名もない町の小さな喫茶店で働いていた。

その名前は「さくら」。

彼女はいつも笑顔で、お客さんたちを温かく迎えていた。

ある日、店の前に立つさくらは、桜の花びらが舞い落ちるのを見た。

それはまるで春の訪れを告げるような美しい光景だった。

さくらはその瞬間、自分の名前と花の色が重なることに気づいた。



第二章: 夕暮れの約束


ある夕方、さくらは店の外で待っている男性に出会った。

彼の名前は「樹」。彼は青い目と茶色の髪を持ち、優しい笑顔を浮かべていた。

樹はさくらに声をかけた。「毎日、この喫茶店でお茶を飲むのが楽しみだよ。」

さくらは照れくさそうに微笑んだ。「ありがとうございます。でも、なぜ毎日来るんですか?」

樹は静かに答えた。「君の笑顔が好きだからさ。」

第三章: 桜の約束


さくらと樹は次第に仲良くなり、毎日一緒に過ごすようになった。

ある日、樹はさくらに桜の木の下で待っているように言った。

「何か特別なことがあるの?」さくらは不思議そうに尋ねた。

樹は笑顔で答えた。「桜の花が咲く前に、君に大切なことを伝えたいんだ。」

そして、桜の木の下で、さくらと樹は約束を交わした。

それは、ずっと一緒にいること、笑顔を忘れないこと、そして桜の花のように美しく咲くことだった。

桜色のメイド、さくらと樹の物語は、季節が移り変わる中で続いていくのだろう。

何かさらっとした終わり方。

春だしまったりムードでいいか。

このブログで契約している有料サーバーはこちら
こちらもおすすめです。クリックして見てみて下さい。
女装を始めるなら洋服はこちらで、彼女へのプレゼントにもいいですよ。
上質な記事を自動生成したいなら。文才のない私には欠かせません。
画像の元ネタが無い人へ、無から有を作りましょう。

読んで頂きありがとうございますm(_ _)m

気に入ってもらえたらクリックお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ

趣味・ホビーランキング

AI作文

↓Xとかインスタとか、良ければ転載してください。無許可でOKです♪

シェアする
古都礼奈をフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました