※本ブログはアフィリエイト広告を利用しています。

最後の歌

AI作文
この記事は約2分で読めます。

彼女は涙を流した。彼女の手首には色とりどりのブレスレットがぎっしりと詰まっていた。それは彼女の友人たちからのプレゼントだった。彼女は今日、高校を卒業した。しかし、彼女は喜べなかった。なぜなら、彼女は明日から遠く離れた場所に引っ越さなければならなかったからだ。

彼女は幼い頃からずっとこの町に住んでいた。彼女はこの町の人々や風景や文化が大好きだった。彼女はこの町で自分の夢を追いかけていた。彼女は歌手になりたかった。彼女は歌うことが好きだった。彼女は歌うことで自分の気持ちを表現できた。彼女は歌うことで人々に笑顔を届けられた。

彼女は歌手になるために、毎日練習した。彼女は学校の合唱部に所属していた。彼女は合唱部の仲間と一緒に、様々なイベントやコンテストに参加した。彼女は合唱部の仲間と一緒に、楽しくて幸せな時間を過ごした。彼女は合唱部の仲間と一緒に、夢を共有した。

彼女は特に、合唱部のリーダーである彼が好きだった。彼は優しくて、面白くて、素敵な歌声を持っていた。彼は彼女に歌のコツを教えてくれた。彼は彼女に励ましの言葉をかけてくれた。彼は彼女に笑顔をくれた。彼女は彼に恋をした。彼女は彼に告白したかった。しかし、彼女は勇気が出なかった。

彼女は引っ越すことになったのは、父親の仕事の都合だった。彼女の父親は大手の会社に勤めていた。彼女の父親は海外に赴任することになった。彼女の父親は家族も一緒に来てほしいと言った。彼女は断ることができなかった。彼女は父親を尊敬していた。彼女は父親の仕事を応援していた。彼女は父親の願いを叶えてあげたかった。

彼女は引っ越すことを友人たちに伝えた。友人たちは驚いた。友人たちは悲しかった。友人たちは彼女にプレゼントを渡した。友人たちは彼女に色とりどりのブレスレットを贈った。友人たちは彼女に「これをつけていれば、いつでも私たちのことを思い出してね」と言った。彼女は感動した。彼女は友人たちに感謝した。彼女は友人たちに「私もいつまでも忘れないよ」と言った。

彼女は引っ越す前の最後の夜、彼に会いに行った。彼は彼女の家の近くの公園にいた。彼は彼女のことを待っていた。彼は彼女のことを知っていた。彼は彼女のことを好きだった。彼は彼女に告白したかった。しかし、彼は言えなかった。

彼女は彼に近づいた。彼女は彼に話しかけた。彼女は彼に別れを告げた。彼女は彼に「ありがとう」と言った。彼女は彼に「さようなら」と言った。彼女は彼に「好き」と言った。彼女は彼にキスをした。

彼女は立ち上がった。彼女は走り出した。彼女は振り返らなかった。彼女は泣き出した。彼女は歌い出した。彼女は最後の歌を歌った。

このブログで契約している有料サーバーはこちら
こちらもおすすめです。クリックして見てみて下さい。
女装を始めるなら洋服はこちらで、彼女へのプレゼントにもいいですよ。
上質な記事を自動生成したいなら。文才のない私には欠かせません。
画像の元ネタが無い人へ、無から有を作りましょう。

読んで頂きありがとうございますm(_ _)m

気に入ってもらえたらクリックお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
趣味・ホビーランキング

AI作文
シェアする
ことをフォローする
女装写真をイラストに

コメント

タイトルとURLをコピーしました