※本ブログはアフィリエイト広告を利用しています。

春の花びら

AI作文
この記事は約3分で読めます。

 桜の木の下で、彼女はぼんやりと空を見上げた。

今日は卒業式の日だった。彼女はこれから先、どんな人生を歩むのだろうか。

不安と期待が入り混じる気持ちで、彼女は自分の胸に手を当てた。

そこには、ずっと隠してきた想いがあった。

彼女は同じクラスの彼が好きだった。

彼はいつも機械に夢中で、彼女と同じく技術者を目指していた。

彼女は彼の熱心な姿に惹かれて、ひそかに想いを寄せていた。

でも、彼女は彼に告白する勇気がなかった。

彼女は自分が彼に及ばないと思っていた。

彼女は自分の才能に自信がなかった。

彼女は物を直すのが好きだった。

壊れた時計やラジオ、自転車やパソコンなど、彼女の手にかかれば何でも直せた。

彼女は自分の部屋に小さな工房を作って、毎日機械いじりに没頭していた。

彼女は機械と話すことができた。

機械は彼女に優しく、彼女を裏切らなかった。

彼女は機械に名前を付けていた。

時計はトキオ、ラジオはラジャ、自転車はサイクル、パソコンはコンピューと呼んでいた。

彼女は機械たちと仲良くなって、彼女の秘密を打ち明けていた。

彼女は機械たちに、彼のことを話していた。

彼女は機械たちに、彼に告白したいと言っていた。

彼女は機械たちに励まされて、ついに決心した。彼に告白することにした。

彼女は卒業式の後、彼に会いに行くことにした。

彼女は機械たちに、自分の気持ちを伝えることにした。

彼女は機械たちに、ありがとうと言って別れた。

彼女は桜の木の下で、彼を待った。彼はすぐに現れた。

彼は彼女に笑顔で挨拶した。彼は彼女に話しかけた。

彼は彼女に、卒業おめでとうと言った。

彼は彼女に、これからの進路はどうするのかと聞いた。

彼は彼女に、自分は東京の大学に行くことにしたと言った。

彼は彼女に、機械工学を学ぶことにしたと言った。

彼女は彼の言葉に驚いた。

彼女は彼の言葉に嬉しかった。

彼女は彼の言葉に勇気づけられた。

彼女は彼に、自分も東京の大学に行くことにしたと言った。

彼女は彼に、機械工学を学ぶことにしたと言った。

彼女は彼に、自分の名前を言った。

彼女は彼に、自分の気持ちを言った。

彼女は彼に、好きだと言った。

彼は彼女の言葉に驚いた。

彼は彼女の言葉に嬉しかった。

彼は彼女の言葉に応えた。

彼は彼女に、自分の名前を言った。

彼は彼女に、自分の気持ちを言った。

彼は彼女に、好きだと言った。

桜の花びらが舞う中、二人は抱き合った。

二人はキスをした。二人は幸せだった。

機械たちは彼女のことを見守った。

機械たちは彼女のことを祝福した。

機械たちは彼女のことを忘れなかった。

私も機械系の進路に行きましたが

こんなラブストーリーはなかったですね。

高校時代はそういう縁なかったし。

ものに付ける名前のセンスのなさ、私は好きです。

機械好きな女性増えて下さい。

このブログで契約している有料サーバーはこちら
こちらもおすすめです。クリックして見てみて下さい。
女装を始めるなら洋服はこちらで、彼女へのプレゼントにもいいですよ。
上質な記事を自動生成したいなら。文才のない私には欠かせません。
画像の元ネタが無い人へ、無から有を作りましょう。

読んで頂きありがとうございますm(_ _)m

気に入ってもらえたらクリックお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ

趣味・ホビーランキング

AI作文

↓Xとかインスタとか、良ければ転載してください。無許可でOKです♪

シェアする
古都礼奈をフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました