※本ブログはアフィリエイト広告を利用しています。

春の散歩

AI作文
この記事は約2分で読めます。

彼女は白いドレスを着て、桜の木々が並ぶ道を歩いていた。彼女はこの道が好きだった。春になると、桜の花が咲き乱れ、空気は甘い香りに満ちていた。彼女は花びらを手に取り、優しく吹く風に乗せてみた。花びらは軽やかに舞い上がり、彼女の白いドレスに映えた。

彼女はこの道で、彼に出会った。彼は青いスニーカーを履いて、毎日この道を走っていた。彼女は彼の姿を見るたびに、心がときめいた。彼は彼女に気づいているのだろうか。彼女は彼に話しかけたいと思ったが、勇気が出なかった。

ある日、彼女は桜の木の下で本を読んでいた。彼女は本に夢中になっていたが、ふと目を上げると、彼が目の前に立っていた。彼は笑顔で彼女に手を差し出した。

「こんにちは。僕はカズヤと言います。あなたはこの道でよく見かけるんですが、名前は何と言いますか?」

彼女は驚いて、本を閉じた。彼は彼女に話しかけてくれたのだ。彼女は緊張しながら、彼の手を握った。

「こんにちは。私はミキと言います。この道は好きで、よく歩いています」

「ミキさん、素敵な名前ですね。この道は僕も好きです。桜の花がとてもきれいですよね」

「はい、そうですね。桜の花は春の象徴ですね」

「そうですね。春は新しい出会いの季節ですね」

彼はそう言って、彼女に優しく微笑んだ。彼女は彼の笑顔に心を奪われた。彼女は彼と一緒に歩きたいと思った。

「カズヤさん、もしよかったら、一緒に歩きませんか?」

「もちろんです。ミキさんと一緒に歩きたいです」

彼はそう言って、彼女の手を引いた。彼女は彼の手にしっかりと握り返した。二人は桜の花びらが舞う道を歩き始めた。彼女は幸せな気持ちに満たされた。彼女は春の散歩が、彼女の人生を変えたと感じた。

最近寒いから春が待ち遠しい。

いや、花粉が飛ぶからそうでもないか?

このブログで契約している有料サーバーはこちら
こちらもおすすめです。クリックして見てみて下さい。
女装を始めるなら洋服はこちらで、彼女へのプレゼントにもいいですよ。
上質な記事を自動生成したいなら。文才のない私には欠かせません。
画像の元ネタが無い人へ、無から有を作りましょう。

読んで頂きありがとうございますm(_ _)m

気に入ってもらえたらクリックお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
趣味・ホビーランキング

AI作文
シェアする
ことをフォローする
女装写真をイラストに

コメント

タイトルとURLをコピーしました