※本ブログはアフィリエイト広告を利用しています。

星空の抱擁

AI作文
この記事は約3分で読めます。

彼女はクマを抱きしめた。クマは彼女の唯一の友達だった。彼女はこの氷の惑星に一人で住んでいた。両親は彼女が生まれたときに事故で亡くなった。彼女は宇宙船の中で育った。宇宙船は自動的に彼女の世話をしてくれた。食べ物や水や本やゲームなど、必要なものは何でもあった。でも、彼女は寂しかった。他の人と話したり遊んだりしたかった。でも、この惑星には他の人はいなかった。宇宙船から出ることもできなかった。外はとても寒くて危険だったからだ。

ある日、彼女は宇宙船の中で見つけた古い箱を開けた。中にはクマが入っていた。クマは黄色くてふわふわしていた。彼女はクマに一目惚れした。クマに名前を付けて、一緒に遊んだ。クマは彼女に話しかけたり笑ったりした。クマは彼女に「私は魔法のクマだよ。君の願いを叶えてあげることができるんだ」と言った。彼女は嬉しくなった。彼女はクマに「本当に?私は他の人と会いたいの。この惑星から出たいの」と言った。クマは「わかったよ。でも、それは大きな願いだから、一つだけだよ。それと、私と一緒に来てほしいんだ。私は君が好きだから」と言った。彼女は「もちろん、私もクマが好きだよ。一緒に行こう」と言った。

クマは彼女に「じゃあ、準備してね。今夜、星が一番きれいなときに、宇宙船の外に出よう」と言った。彼女は「わかったよ。ありがとう、クマ」と言った。彼女はクマを抱きしめて、ベッドに横になった。クマは彼女の隣に寝た。彼女はクマの温かさに包まれて、眠りについた。

夜になった。クマは彼女を起こした。「さあ、行こう」と言った。彼女は目を開けた。宇宙船の窓から、星が輝いているのが見えた。彼女は感動した。彼女はクマを抱きしめて、宇宙船のドアに向かった。ドアは自動的に開いた。外はとても寒かった。彼女はクマに「寒いね」と言った。クマは「大丈夫だよ。私が守ってあげるから」と言った。クマは彼女に「私の手を握ってね。そして、星を見てね。星が君の願いを叶えてくれるんだ」と言った。彼女はクマの手を握って、星を見た。星はとてもきれいだった。彼女は心から願った。「私は他の人と会いたいの。この惑星から出たいの」と。

すると、不思議なことが起こった。星が動き出した。星が彼女とクマの周りに集まってきた。星が彼女とクマを包んだ。彼女は驚いた。「クマ、これは何?」と言った。クマは「これは魔法だよ。星が君の願いを叶えてくれるんだ」と言った。彼女は「本当に?」と言った。クマは「本当だよ。信じてごらん」と言った。彼女はクマを信じた。彼女はクマに「ありがとう、クマ。私はクマが大好きだよ」と言った。クマは「私も君が大好きだよ」と言った。彼女とクマは抱き合った。星が彼女とクマを優しく抱擁した。

そして、彼女とクマはどこかへ消えた。彼女とクマは他の人と会えた。彼女とクマはこの惑星から出た。彼女とクマは幸せになった。星は彼女とクマのことを忘れなかった。星は彼女とクマのことをいつも見守った。星は彼女とクマのことをいつも愛した。

このブログで契約している有料サーバーはこちら
こちらもおすすめです。クリックして見てみて下さい。
女装を始めるなら洋服はこちらで、彼女へのプレゼントにもいいですよ。
上質な記事を自動生成したいなら。文才のない私には欠かせません。
画像の元ネタが無い人へ、無から有を作りましょう。

読んで頂きありがとうございますm(_ _)m

気に入ってもらえたらクリックお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
趣味・ホビーランキング

AI作文
シェアする
ことをフォローする
女装写真をイラストに

コメント

タイトルとURLをコピーしました