※本ブログはアフィリエイト広告を利用しています。

星空のカーテンの後ろで

AI作文
この記事は約2分で読めます。

私は舞台に立っていた。カーテンの隙間から、観客席には誰もいないことがわかった。今日はリハーサルの日だった。本番は明日だ。

私はカーテンの後ろにある星空の背景を見上げた。これは私のお気に入りのシーンだった。私はこの星空の中に入りたいと思っていた。それは私の夢だった。

私は自分の顔に貼っているグレーのステッカーをはがした。これは演出家のアイデアだった。役者の顔を隠すことで、観客に想像の余地を与えるというものだった。私はそれに従っていたが、本当は自分の顔を見せたかった。それは私の願いだった。

私はカーテンを開けた。すると、驚いたことに、星空の背景が本物の星空に変わっていた。私はその中に吸い込まれるように感じた。私はそのまま飛び込んだ。それは私の冒険だった。

私は星空の中を自由に飛んだ。星々が私に微笑んでいた。私は幸せだった。私は自分の夢を叶えた。それは私の物語だった。

私は星空の中で出会った。色々な星座や惑星や彗星や宇宙人と。彼らは私に友好的だった。私は彼らと話したり遊んだりした。私は楽しかった。私は新しい友達を作った。それは私の旅だった。

私は星空の中で見つけた。色々な宝物や秘密や驚きや発見と。彼らは私に魅力的だった。私は彼らを探したり調べたりした。私は興奮した。私は新しい知識を得た。それは私の探求だった。

私は星空の中で学んだ。色々なことや教訓や意味や価値と。彼らは私に教えてくれた。私は彼らに聞いたり感じたりした。私は成長した。私は新しい自分を見つけた。それは私の成長だった。

私は星空の中で幸せだった。私は自分の夢を叶えた。私は自分の物語を作った。私は自分の冒険を楽しんだ。私は自分の旅を終えた。私は自分の帰り道を探した。それは私の帰還だった。

明るめの話にするといつもより文章短いな。

スカートは結構長かったけどな。

このブログで契約している有料サーバーはこちら
こちらもおすすめです。クリックして見てみて下さい。
女装を始めるなら洋服はこちらで、彼女へのプレゼントにもいいですよ。
上質な記事を自動生成したいなら。文才のない私には欠かせません。
画像の元ネタが無い人へ、無から有を作りましょう。

読んで頂きありがとうございますm(_ _)m

気に入ってもらえたらクリックお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
趣味・ホビーランキング

AI作文
シェアする
ことをフォローする
女装写真をイラストに

コメント

タイトルとURLをコピーしました