※本ブログはアフィリエイト広告を利用しています。

日差しの中の一人きり

AI作文
この記事は約2分で読めます。

彼は、いつものように公園にやってきた。木々の間から差し込む日光が、彼の肌に温かさを与えてくれた。彼は、ベンチに座って、本を読んだり、音楽を聞いたり、時々空を見上げたりした。彼は、この場所が好きだった。人目を気にせず、自分の時間を過ごせる場所だった。

彼は、孤独ではなかった。彼には、友達も家族もいた。でも、彼は、誰かと一緒にいるときよりも、一人でいるときの方が落ち着いた。彼は、自分の感情や考えを、他人に理解してもらえないと感じていた。彼は、自分がどういう人間なのか、自分自身でもわからなかった。

彼は、自分を探していた。自分の居場所を探していた。自分の幸せを探していた。彼は、日差しの中で、一人きりで、探し続けた。
彼は、公園を出て、街に向かった。彼は、自分のアパートに帰るつもりだった。でも、彼は、途中で立ち止まった。彼は、自分の生活に満足していなかった。彼は、自分の仕事にやりがいを感じなかった。彼は、自分の恋愛に幸せを見出せなかった。彼は、自分の未来に希望を持てなかった。

彼は、何かを変えたいと思った。彼は、自分の人生に意味を見つけたいと思った。彼は、自分の心に答えを聞きたいと思った。彼は、自分の運命に挑戦したいと思った。

彼は、自分の携帯電話を取り出した。彼は、自分の友達にメッセージを送った。彼は、自分の家族に電話をかけた。彼は、自分の恋人に別れを告げた。彼は、自分の上司に辞表を提出した。彼は、自分の荷物をまとめた。彼は、自分の旅券を持って、空港に向かった。

彼は、自分の人生をリセットした。彼は、自分の冒険を始めた。彼は、自分の夢を追いかけた。彼は、日差しの中で、一人きりで、飛び立った。

彼と言われてしまった。

この格好では男に見えるのか。。。

まあ間違ってはいない。

このブログで契約している有料サーバーはこちら
こちらもおすすめです。クリックして見てみて下さい。
女装を始めるなら洋服はこちらで、彼女へのプレゼントにもいいですよ。
上質な記事を自動生成したいなら。文才のない私には欠かせません。
画像の元ネタが無い人へ、無から有を作りましょう。

読んで頂きありがとうございますm(_ _)m

気に入ってもらえたらクリックお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
趣味・ホビーランキング

AI作文
シェアする
ことをフォローする
女装写真をイラストに

コメント

タイトルとURLをコピーしました